(写真 三浦咲恵)

今春より開催してきた『サンデーヨガ・ワークショップ by OYM』も、先日、第4回目の「自分に合った行動食を作ろう」を以て、最終回を終えました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

『onyourmark SPORTS CLUB(OYMSC)』としての取り組みでもある、このワークショップは、およそ2ヶ月に渡り『虎ノ門ヒルズサンデーヨガ』と連動して、全4回開催。日曜日の朝ヨガを楽しんだ後、自らの身体を見つめ直すきっかけとなる“ヨガと食”を軸に、onyormarkがプロデュースしたワークショップを行いました。

ワークショップの模様は毎回レポート(下記記事)にしてお伝えしてきましたが、今回お届けする『サンデーヨガ・ワークショップ by OYM』最終回のテーマは「自分に合った行動食を作ろう」です。

第1回:スポーツとスムージーをかけた“スポージー”を学ぶ。
第2回:スポーツとジューズクレンズ”を紐解く。
第3回:予防医学とヨガと食

今回は、Vitamix公認インストラクターの望月未奈子さんを招き、簡単に美味しく作れる行動食の実演をしてもらいました。今回のテーマとなった行動食とは、運動の前後に欠かせない補給食のこと。トレッキングやツーリングなどのアクティビティ中に摂取するもので、理想は軽量かつヘルシーに。ワークショップでは、グラノーラなどをベースにしたエナジーバーと、ドライフルーツを活用したナチュラルスナックなど、携帯できるナチュラルフードを一挙に紹介しました。

 

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

スポーツの前後だからこそ、栄養価の高い補給食を

今回の参加者は、ヨギーやヨギーニにはじまり、ランナー、トレイルランナー、ハイカーなど、アクティビティに取り組む人々が大半でした。市販のエネルギーバーやジェルなど手軽で即効性の高い補給を叶える行動食の流通が整いつつある一方で、だからこそ「自分に合った、自分自身の手で作った」行動食を求める方も増えてきているのです。添加物や化学調味料を使わず、何が入っているかを自分で把握できる行動食は、アクティビティの前後だけでなく、日常生活の間食にももってこいなのです。

今回のワークショップでは、初回のスポージのワークショップに続きvitamixを活用して、手早く簡単な、エナジーバーの作り方を紹介。参加者の皆さんは実際に、好きな材料を組み合わせて、自分好みのエナジーバーを作りました。

  • sample alt
  • sample alt

その他、自然な糖分を摂取でき、ヘルシーかつ食物繊維も豊富で携行食としても活用できるドライフルーツの紹介。さらに、スポーツを楽しむ人向けにケミカルではないサプリメント「SPORTHIE」を追加した機能的なスポーツスムージーのデモ・試飲も実施しました。サプリメント「SPORTHIE」とは、“スポーツ×スムージー”の造語で、身体にやさしく、それでいて機能的。野菜や果物をふんだんに使用しながらスポーツの目的ごとに身体に必要な栄養素を効率的・効果的にサポートをしてくれます。

Vitafoodスポージー材料:
バナナ 250g/りんご 中1/4個/チンゲン菜 1株/ココアパウダー 大2/豆乳 200ml + SPORTHIE(PERFORMANCE) 1袋

作り方はいたってシンプル!
グラノーラやドライフルーツ、スーパーフードをトッピングで入れてみるなど、組み合わせも実にさまざまで、火を使わずに、混ぜるだけでできるエネルギー、ぜひ試してみてください。

 

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

材料:
《材料 A》
カシューナッツ 40g/アーモンド 20g/松の実 20g/塩 少々/バニラエッセンス 少々/レーズン 15g/クコの実 15g
《材料 B》
グラノーラ 40g/はちみつ 小2
《トッピング ※お好みで》
カカオニブ/ピーポーレン/ココアパウダー/マカパウダー/Sun Is Shining/SPORTHIE(5種)/ココナッツパウダー

作り方:

①《材料 A》をVitamixに入れ混ぜあわせます。毎分37,000回転のハイパワーで素早く滑らかにしてくれます。
②ボウルに《材料 A》を移してから、《材料 B》を加えます。
③好みのトッピングをし混ぜ合わせて、ビニール袋に移し成形していきます。トッピングにはスーパフードやプロテインなどを加えると、より身体への吸収を早め、エネルギー効果を高めてくれます。

  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt
  • sample alt

総括
今回のワークショップでは、ヨガ後の実演により「スポーツと身体」との結びつきが本質的に意味するものを感じれたのではないでしょうか。スポーツを続ける人にとって、身体に摂取するものを選ぶということは、パフォーマンス力の向上にもつながり、コンディションを整える大切な要素です。知識や体験をすることで自らの選択肢も増え、また自分を知ることで情報や流行にとらわれず見極めていく力のヒントを教えてくれます。

まだまだスタートしたばかりの『onyourmark SPORTS CLUB(OYMSC)』。今後も運動を楽しむ人にとって必要になりうるものを解体してお届けしていきます。次回の企画もお楽しみに!

03-5456-1370 (onyourmark編集部)