(写真 八木伸司 / 文 岡村明子)

世界中のファッショニスタがGapアイテムを取り入れてスタイルアウトする、グローバルなコミュニティ『Styld.by (スタイルド・バイ)』と連動してお届けしている連載「MARK PEOPLE × Styld.by」。これまで、「After Surf&Yoga」「One Day Trekking」「Go to the Beach」といった、MARK PEOPLEたちのGapアイテムが共存するアクティブなシーンでのスタイルを紹介してきました。

第4回目となる今回は、初回記事で「After Surf&Yoga」のスタイルを見せてくれた、柳本和也さん。長男の虎くんとともに、スケート・クルーズを楽しむ、日常のオフシーンを切り取りました。親子の一体感を感じる「Family Cruise」のスタイリングです。

▼「MARK PEOPLE × Styld.by」連載 アーカイヴ
#01 柳本和也 「After Surf&Yoga」
#02 島崎仁志 「One Day Trekking」
#03 渋木さやか 「Go to the Beach」

sample alt

Family Cruise

ヨガインストラクターでサーファーの柳本和也さんのオフタイム。家からほど近い中目黒公園で楽しむ、長男の虎君とのスケート・クルーズは近頃の日課。グレー×白のボーダーのGapのトップスは、海が好きな彼らしいアイテム。タウン用として愛用しているアクアブルーのパンツと合わせて、親子お揃いのブルー系の爽やかなコーディネートで決める。子どもと一緒に思いっきりアクティブに遊びたいから、自由な風を感じるような、動きやすいスタイルが一番。

  • sample alt
  • sample alt

着用アイテム:(左 和也さん)Tシャツ「Tri-blend stripe t-shirt (421543-00)」3,900円(税込)/Gap、ほかすべて本人私物 (右 虎くん)Tシャツ・ショーツ/Gap、ほか私物

着心地のいいものを心身が求めるようになった
約20年前、サーフィンに出会うまでは革のジャケットやパンツにブーツといったハードな格好をしていたけれど、サーフィン、そしてヨガを始めてからは、リラックスムードのラフなスタイルに。肌にピタッとしない、軽やかな薄手の素材など、何よりも着心地のいいものを心身が求めるようになりました。」(和也さん)

sample alt

※本記事は7月17日より、styld.byに掲載開始予定。

▼「MARK PEOPLE × Styld.by」連載 アーカイヴ
#01 柳本和也 「After Surf&Yoga」
#02 島崎仁志 「One Day Trekking」
#03 渋木さやか 「Go to the Beach」

Styld.by (スタイルド・バイ) 
http://www.styld-by.com/ja
世界中のファッションブロガーやユーザーが自分のワードローブのお気に入りのアイテムとGapのアイテムを組み合わせて、自由にスタイルアウトする、グローバルなファッションコミュニティ。ハッシュタグ #styldby をつけてInstagramやTwitter、Tumblrに投稿することで、誰もが自分のGapスタイルをコミュニティにシェアできる。

sample alt

■ 柳本和也(やなぎもと かずや)
http://kazuyayoga.com/
1994年頃サーフィンを始め、日々のライフワークとなる。サーフトリップで何度も訪れているバリ島でヨガに出会い、悩みであった腰の冷えや怪我の多さから解消され、ヨガの素晴らしさに目覚める。帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン ハラクマ氏に師事。IYCティーチャーズトレーニング修了。2010年インドゴアにて、Rolf & marciに師事。2010年チャック&マティ ティーチャーズトレーニング終了。2012年RYT200修了。

2009~2012年 日本最大級のヨガイベント、ヨガフェスタ横浜にて講師を務める。2008~2012年 関西最大級のヨガイベント、ヨガスマイル(春・秋)にて講師を務める。2012年 日本最大級のチャリティイベント、ヨガエイドにで講師を務める。また、2013年2月にジャマイカで行われる、カリビアンヨガカンファレンスでは日本から唯一ヨガ指導講師として参加。

ヨガ指導の他、日本各地で様々なイベント・ワークショップ等にも積極的に参加し活動中。また、日本各地、海外でkazuya yanagimotoによるリトリートも開催。自身が考案した ASANAMANDALA (アサナマンダラ)ティーチャーズトレーニングを東京と大阪にて開催。都内某スタジオでのインストラクターの方への講師も務める。

Udaya yoga studio主宰 http://udaya.jp
suria アンバサダー