(写真 55 Co.,Ltd / 文 小泉咲子)

【名前】伊藤 ゆり YURI ITO
【生年月日】1982年11月17日
【職業or所属】ヨガインストラクター、ジョギングインストラクター

【やっているスポーツ】ヨガ、ジョギング、トライアスロン
【HP or BLOG】https://www.facebook.com/lily.yoga.yoga

ヨガで健康を取り戻した体験からヨガを広めたいと、ウェディングプランナーから、ヨガインストラクターに転身した伊藤ゆりさん。売れっ子のヨガインストラクターになるまでの道のりは、ヨガを仕事にしたいと考えている人にとって、大きなアドバイスになるはず。そして、ヨガ&ランのレッスンをする伊藤さんならではの、“ヨガとランの共通点”についても興味深い視点が光っています。

 

sample alt

ウェディングプランナーからヨガインストラクターへ

もともとは、ウェディングプランナーをしていました。どうしてもやりたかった仕事で、がむしゃらに働いていたんですが、体調を崩してしまい、ヨガを始めたんです。ヨガに出合えたことで症状が改善され、食欲も回復。健康を取り戻す過程ではとくに、ヨガで呼吸に意識を向けることがすごく助けになりました。

すっかり元気になっていって、ウェディングプランナーの仕事に戻ってほしいと誘われてもいましたが、当時の私はヨガの良さを広めたくてインストラクターの勉強をはじめてました!。

自分が助けられたヨガをより多くの人に伝えたいという気持ちも相まって、ホットヨガスタジオへインストラクターとして転職しました。ところが、ヨガだけで食べていく難しさを早速目の当たりにすることに。当時まだ20代半ばだった私は、より自分を成長させる機会を増やすために、スタジオインストラクターから、営業職に復職。以前に体調を崩した頃よりも忙しい日々でしたが、営業職の仕事はとても充実していました。仕事をしながらもヨガも自分の練習として続けたことで、身心共に成長したのだと思います。仕事も順調に成果が出て、自分の中で達成感を実感し始めた頃に、突然友人からヨガを教えてほしいと頼まれるようになったんです。その声がひとつ、またひとつと増え、私はまたヨガの道へ。ちょうど、Facebookが盛り上がってきた頃だったので、教えた人がSNSに上げてくれる、それを見た周りの人がやりたいと言ってくれるという連鎖が生まれました。とても嬉しい連鎖でした。それを見ていた知り合いが、ひとりで、集客、管理、運営、営業と活動していることに興味を持ってくれて、ヨガイベントの「True Nature」に参加することができたんです。これがきっかけで、認知度が高まって仕事が増えました。出会いやご縁を大事にしたいという思いは営業職をしている時から強かったのですが、今もそれは強く感じています

ふつうの仕事とヨガインストラクターを両立していた事も、注目してもらえました。いつも目の前の状況を楽しみながら仕事をするスタイルは今も変わりません。そこからどんどんヨガの比率が大きくなっていき、フリーのインストラクターに。ヨガ一本になったのは、昨年の10月からなので、まだ半年なんです。

  • sample alt
  • sample alt

身体に向き合うツールとしてのヨガとラン

ランも教えるようになったのは、5km走る前にヨガを教えてほしいと言われたのがきっかけでした。実際にランナーさんにヨガを伝えるならランニングを実際してみてわかる事がたくさんあると思ったんです。どんな時も相手も気持ちになってみるって大切だと思ってます。それでウェアやシューズを揃えたんです。まあまあいいお値段するので(笑)、ますます練習する気になって、走り始めたら、理屈抜きに楽しかった。ヨガ&ランが好評で、もっと理屈も理解してランを深めたいと思い、ジョギングインストラクターの資格を取得しました。

ひとつの動きを続けるのがラン。一方でヨガは、いろんな方向にカラダを動かします。筋肉の柔軟性が高まるし、緩める/締めるのバランスもつくんですけど、これってランのパフォーマンスを上げる意味でもすごくいいんです。ヨガで使う肩周り、体幹、骨盤周りは、ランでも絶対的に必要なので、ヨガとランはリンクしてると思います。

それと、たとえば、ヨガのポーズに入ったときに、自分の膝の向きを意識するように、ランニングのフォームを意識することで、外側から自分のカラダを感じる感覚を養える。自分の身体と向き合うツールになります。ヨガとラン。ふたつがひとつに合わさって教えられるのが私だと思っています。

 

sample alt

もともとは運動音痴で体育嫌いだった
今私自身は、トライアスロンに挑戦中です。昨年「スプリントディスタンス(スイム0.75km、バイク20km、ラン5km)」に2回出ました。スイムはオープンウォーターで練習しましたが、バイクはトライアスロンに出られるものに乗っていたので、ふだんの延長線(笑)。でも、これもご縁なんですが、今年の春からバイク乗りの方のためのヨガを教えることになったので、これを機に、バイクにも力を注いでます。富士山ヒルクライムを完走したので、次は筑波サーキットで開催される9時間耐久のバイクレースを目標に頑張っています。

今の私を知っている人は驚くんですが、もともとは運動音痴で体育も大嫌い。私みたいな大人って多いんじゃないかな。でも、昔は好きじゃなかったのに、ランにしてもヨガにしても、やってみたら達成感を味わえたり、すごく気持ちよかったりしますよ。