5月23日(土)にフットボールカルチャーマガジン「SHUKYU Magazine」が創刊。既存のサッカー誌とは異なるアプローチで、毎号ひとつのテーマで特集を組み、選手・クラブ・食・建築・道具から印刷物まで、ゲームの背後にあるあらゆる現象を独自の視点で読み解いていくというコンセプトによる新雑誌の誕生です。

編集長は原宿のオルタナティブスペースVACANTの創設メンバーでもある大神崇氏、クリエイティディレクターはベルリン在住のwebディレクター伊藤耕平氏、アートディレクターは橋詰宗氏。

「ルーツ」をテーマにした創刊号ではサッカーにまつわる事象の成り立ちや経緯を調べていく中で、改めてその価値を発見していくという内容。また、adidasがクリエイターを集めて開催するフットボールの大会「adidas FANATIC Tokyo」とコラボレーションした冊子が付録になっています。

創刊を記念して、先行発売を兼ねた展示イベントをVACANT・UTRECHTで開催。5月26日(火)にはUTRECHTでローンチパーティーも行われます。ぜひ、ご注目ください!

公式サイト shukyumagazine.com

イベント
5/23 (sat) – 6/7 (sun) at VACANT・DNA
5/26 (tue)-31 (sun) at UTRECHT

Launch Party
5/26(tue) 18:00-20:00 at UTRECHT
chiobenによるサッカーをモチーフにしたケータリング、アーティストの平山昌尚氏による『第3回 パッセ・トラッペ大会』を開催。

SHUKYU Magazine 1 「ROOTS ISSUE」

SHUKYU Magazine 1 「ROOTS ISSUE」

FEATURE
国立競技場 2015 年3 月|写真:濱田祐史
フットボールの誕生|写真:甲斐啓二郎
大日本蹴球協会機関紙『蹴球』|写真:Gottingham
国立競技場 2014 年5 月|写真:牧口英樹
田根剛 – 古墳スタジアム –
ボルシア・ドルトムントはどのようにして誕生したのか|文:高杉桂馬
賀川浩 – 日本サッカーと歩んできた男 -|写真:三田村亮
液状化するUNIFORMIZM とプロスポーツ|文:平川武治
酒井高徳 – 2 つのルーツと1 つの強い気持ち -|写真:Julia Grassi、文:菊池孝将
How to make a ball|by Hender Scheme|写真:Gottingham

COLUMN
Atelier HOKO / SHIFT Brazil 14/16 – 転換する都市の記録 – / Juergen Teller /
石塚啓次 / シンプル組合 / 平山昌尚 / 津田直

付録
adidas FANATIC Tokyo 2015

発売日:2015.5.23 (sat)
価格:1,300円 (税別)
仕様:B5版 / 104頁 / 別冊付録付
発行:VACANT ltd.
先行取扱店:VACANT、UTRECHT、代官山 蔦屋書店
ISBN 978-4-908177-01-9