3月30日に発売されたonyourmarkの雑誌版『mark』最新号No.4、もうお手にとっていただけましたか? 「スポーツの”場所”と”仲間”」=「サードプレイスとしてのスポーツコミュニティ」を特集した今号。スポーツを通して繋がり、そして生まれる、自宅でも職場でもない心地良い第三の場所、その可能性と魅力に迫りました。

同じ場所で一緒に汗を流して、励まし合うことで、そこにしかないコミュニケーションが生まれる。そうしたスポーツの歓びの一面を、今号の誌面を通して、より多くの方と共有できていれば幸いです。

今回は、そんな『mark』No.4発刊を記念し、代官山 蔦屋書店にて、5月12日(火)に開催するトークイベントのお知らせです。

トークイベントには、今号の誌面で「“サードプレイス”の可能性」をテーマに対談を行っていただいた、気鋭の編集者二人、菅付雅信さんと松島倫明さんが登壇。サードプレイス”が生み出す、つながりと文化、そして、多様化する現代人の生活とその本質を、それぞれの知見からお話いただきます。幅広いカルチャーシーンに精通する、お二人によるクロストークは必聴の内容。この機会にぜひご参加ください。

sample alt

【開催概要】
URL:http://tsite.jp/daikanyama/event/004813.html
会期:2015年5月12日(火)
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
開館時間:19:30~
主催:代官山 蔦屋書店
協力:株式会社アルティコ
お問い合わせ:03-3770-2525

【参加方法】
代官山 蔦屋書店 2号館1階アートカウンターにて対象商品をご購入の先着70名様に整理券をお渡しします。お電話でも予約可能です。

【対象商品】
mark No.4(1026円/税込)

【定員】
70名

【登壇者プロフィール】

sample alt

菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
編集者/菅付事務所代表。1964年生。
『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集する。書籍では、朝日出版社「アイデアインク」シリーズ、電通の「電通デザイントーク」シリーズ、平凡社のアートブック「ヴァガボンズ・スタンダート」を編集。著書に『はじめての編集』『中身化する社会』等。下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。趣味は水泳。

sample alt

松島倫明(まつしま・みちあき)
書籍編集者/NHK出版 放送・学芸図書編集部チーフエディター。
1972年東京生まれ、村上龍氏のメールマガジンJMMやその単行本化などを手がけたのち、現在は翻訳書の版権取得・編集・プロモーションなどを幅広く行う。手がけたタイトルに『FREE』『MAKERS』『ZERO to ONE』など。世界的ベストセラー『BORN TO RUN』の邦訳版を手がけてミニマリスト系ランナーとなり、今は地元の鎌倉をサンダルで走っている。『EAT&RUN』編集中にヴィーガン生活を3カ月にわたって実践し、初ウルトラとなるメキシコ・コッパーキャニオンUMCB2013(50mile)を完走。 近刊のレイティ『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』に触発されてパレオ・ダイエットを1年半ほど実践中。最新刊『マインドフル・ワーク~「瞑想の科学」があなたの働き方を変える』が5月下旬に発売予定。  Twitter:@BornToRun_jp