2013年にドバイでスタートした16歳以上のアマチュア選手を対象とした世界最大の5人制サッカー大会『F5WC』をご存知でしょうか? フットサルをはじめとして、都市部ではとくに小さなコートにて少人数で行うゲーム=スモールサイドが楽しまれている昨今において、もちろん、サッカーのトレーニングに効果的に取り入れている人もいますが、スモールサイド自体がメインとなっているフットボーラーも多く見受けられます。

そんな時代だからこその、今大会である『F5WC』。2013‐2014年大会では、全世界6大陸から32か国が参加。ドバイのワールドトレードセンターにて開催された世界大会には、有名クラブが視察に訪れ、実際にマンチェスターシティとチェルシーFCに2名の選手がスカウトされたのです。世界最高レベルの舞台で、大きな夢を掴むかもしれない、ドバイへの切符かけて、戦いにでましょう!
 

sample alt

今回で2回目となる、2014‐2015年大会は、日本を含めた、世界48か国が参加。2015年4月23日~25日の3日間に渡りドバイで開催される世界大会への切符をかけた予選大会が各国で実施されています。日本では、東京、神奈川、埼玉、大阪など、全8会場で、2015年2月15日(日)より順次予選大会を実施。各会場の上位チームが進む決勝大会で日本代表の座をかけて戦います。各地域の予選大会を勝ち抜いた32チームが、3月15日(日)に「フィスコフットサルアレナとしまえん」にて開催される決勝トーナメントへ進出し、優勝チームがドバイ行きの切符を手にすることができるのです。

  • sample alt
  • sample alt

大会アンバサダーは、元サッカー日本代表 前園真聖氏&プロフリースタイルフットボールプレイヤー徳田耕太郎選手が就任
今回の『アットホーム F5WC JAPAN』、大会アンバサダーに就任したのは、元サッカー日本代表 前園真聖氏とプロフリースタイルフットボールプレイヤー徳田耕太郎選手。日本大会決勝(3/15)に来場する二人からは、以下のようなコメントが。

「この大会をきっかけに世界で活躍できる選手がひとりでも多く生まれることを期待しています。僕も予選や決勝にいきますので、未来の日本代表を見つけたいと思います。笑」(前園真聖)

「僕が初めてフリースタイルフットボールの大会に出場した時も、誰にでも世界一のチャンスがある大会でした。多くの人に、“世界一”というチャンスに挑戦して欲しいです。」(徳田耕太郎)

世界へつながるこの場所で、若き才能が集結し切磋琢磨する。そんな夢のある大会『F5WC』ヘ、この機会に挑んでみましょう。

『アットホーム F5WC Presented by Ford in JAPAN』開催概要
大会名:アットホーム F5WC Presented by Ford in JAPAN(略称:アットホーム F5WC JAPAN)
参加資格:16歳以上の男性(2015年3月15日現在)/現役プロ選手の出場はできません(Fリーグを含む)
参加チーム数:
[予選]東京4会場 埼玉1会場 神奈川1会場 大阪2会場
※申込状況により予選大会追加の可能性もございます。
[決勝]東京会場 32チーム
エントリー人数:予選・決勝とも 各チーム5名以上最大7名まで
エントリー時期:2014年11月14日(金)~予選終了まで
アットホーム F5WC Presented by Ford in JAPAN公式サイトよりエントリー
参加費予選:25,000(税込)※決勝参加チームはユニフォーム支給
優勝賞品:
・世界大会への出場権
・世界大会に出場するアットホーム F5WC JAPANチャンピオンチームのドバイまでの渡航費、宿泊費(食事付き)

その他詳細は、アットホーム F5WC Presented by Ford in JAPAN公式サイトよりご確認ください。