これから訪れる夏のその先、ロードランナーにとっては秋冬こそ本番となるレースのシーズン。夏をいかに過ごすか。そのプランニングを考える上でも、トレーニングメニューやランニングシューズを新調している人は少なくないかもしれません。

そんな時期に、ナイキ史上最も象徴的なランニングシューズのひとつであるナイキ エア ズーム ペガサスより新作が登場しました。

31年間のロングセラーで、31代目である今回のペガサスはずばり、「ナイキ エア ズーム ペガサス 31」。過去のどのバージョンよりも速さと反発性が感じられる仕上がりとなっており、クッション性に加え、素早い反発性を提供する踵のズームエアユニット、通気性に富んだアッパーと優れたフィットなど、ペガサスに愛着をもつランナー達から愛される特徴はそのままにアップデートされました。

このシューズ開発時における唯一無二のポイントは、あらゆるレベルのランナーが合計16,000マイル(25,600km) 以上を試走して得た洞察から生まれたということ。ナイキ シニアフットウエアデザイナーのマーク・マイナーは、次のように述べています。

「ナイキ エア ズーム ペガサス 31をデザインするにあたり、16,000マイル(25,600km)以上を走ったアスリートたちの試履きから得たフィードバックという、ユニークな情報を味方にすることができました。これを活用してアイコン的存在のシューズをさらに早く、さらに反発性を高められるように微調整を行い、進化させるということにフォーカスしました。モー・ファラーはこのシューズの機能性を心から認めてくれると同時に、彼から得られる 洞察がナイキ エア ズーム ペガサス 31を開発するにあたり大きく役立ちました。今年ペガサスを初めて履く人にも、31代目のペガサスを履く人にも、ランナー達にはズームエアの素早い反発性と、足をしっかり包み込みながら通気性も感じられるフィットを経験してほしいと思います。」

そう、このシューズは、金メダル2冠、世界チャンピオンに3度と輝いたモー・ファラー選手を含むアスリートの協力、彼らによるテストの結果や意見から生まれました。とくにファラー選手にとってはお気に入りのシューズであり、彼のもっと早く走れるようになりたいという意思をナイキのデザインチームが聞き取り、開発を進めました。

「ペガサスは私が気に入っているシューズの一つであり、常に良くなってきています。初めてペガサス 31を履いてみた時、地面から足が速く離れるように感じました。その反発性の良さ、ぴったりとしたフィット感に加えて、週に100マイル(160 km)以上をこなす私にとって必要な柔らかいクッション性と保護性が備わっていることも気に入っています。」

と、モー・ファラー選手は完成したシューズにコメントを寄せています。

すでに、NIKE.COMにて発売開始しており、順次ナイキの店舗などでも販売。「ナイキ エア ズーム ペガサス 31」に関するさらなる情報は、NIKE.COM/PEGASUS からもご覧いただけます。 

ナイキ エア ズーム ペガサス 31
10,584円(税込) Men’s:24.5-30cm

ナイキ ウィメンズ エア ズーム ペガサス 31
10,584円(税込) Women’s:22.5-26.5cm