4年に一度訪れるフットボールの世界的な祭典、ワールドカップ。そのブラジル大会が本日ついに開幕しました。開幕戦はブラジル VS クロアチア。結果はご存知の通り、開催国ブラジルが、3-1で逆転勝利しました。onyourmarkでは、これから定期的にワールドカップ期間中の現地の様子を速報でお届けしていこうと思っています。

レポーターを務めるのは、“地球とボールで遊ぶライフスタイル”をコンセプトにもつフットボールカルチャーブランド「LUZ e SOMBRA/ルースイソンブラ」のディレクター、SOHSHI SUNViSTA。どうぞお楽しみに!

ワールドカップ開幕! その日のサンパウロの様子

27時間の移動の末たどり着いたのは、日本の真裏サンパウロ・ブラジル。
しかも着いたこの日がワールドカップ開幕当日。

開幕戦が開かれるサンパウロの街に潜入した。

午前中は意外にも街は静かで、噂通り、スリや窃盗がこちらに目を光らせている。
アブナイ匂いがプンプンする。

試合は夕方5時からなのでまだみんなエネルギーをためてるといったとこか。

午後になると街がざわつきだす。クラクションやブブゼラの音。
街や駅はカナリヤカラーのユニをまとう人達で熱気に帯びていく。
街中至るとこで爆竹や空砲の音が鳴り、ビル群に響きわたる。
路上やバルコニーではみなバーベキューが始まり、子供たちはサンバの音楽で踊っている。

嗚呼、これがブラジルか。

夕方5時。
サンパウロの街の中心にある一番大きなパブリックヴューで
開幕戦をみる、というか体感する。数万人で歌う国歌に鳥肌が止まらない。

一点決めるごとにおこる狂乱。
ワンプレーごとに拍手や罵声が飛ぶ。

この人達は心底サッカーを愛しているんだ!!!

(写真/文 SUNViSTA)