ワールドカップ グループCの日本代表とコートジボワール代表が対戦。結果はご存知の通り、前半16分に絶妙なファーストタッチから本田圭佑の強烈なシュートで先制。しかし後半、64分にFWウィルフリード・ボニーに同点ゴールを、さらにその2分後にFWジェルビーニョに追加点を奪われ、逆転を許してしまった。

1-2で敗れた日本代表。次の試合で対戦するギリシャ代表も、コロンビア代表に負けているため、次の試合に何としてでも勝ち点3を取りにくるだろう。

初戦を観戦した“地球とボールで遊ぶライフスタイル”をコンセプトにもつフットボールカルチャーブランド「LUZ e SOMBRA/ルースイソンブラ」のディレクター、SOHSHI SUNViSTAからの現地速報第二弾です!

初戦。夜の10時キックオフをスタジアムで迎えた

サンパウロから飛行機で3時間北上してレシフェへ。

日本からの27時間のフライトに耐えた僕には3時間なんぞあっという間だった。

フライト中、幸運にも霧の中からレシフェのスタジアム”Arena Pernambuco”が顔を出す。

今からあそこで新しい歴史が始まるんだ。
気持ちも一気に上がっていく。

空港を出ると外は雨。
熱帯雨林地域特有のまとわりつく湿気で、立ってるだけで汗が噴き出してくる。

今夜はハードな試合になりそうだ。

電車で移動してスタジアムに向かう。

車中、窓の外に広がるのはファベーラと呼ばれるスラム街。そして駅に止まるごとに勢いよく入ってくる物売りたち。これがブラジルの日常。貧富の差がハンパじゃない国。

スタジアム周辺は企業のブースがたくさんでてて、ガンガン音楽がなりこの雨も手伝ってみんな踊りまくっている。異様な盛り上がり。
日本からのサポーターも多くいるが、日本のユニやグッズをまとったブラジル人の多さに驚く。旅を通して思うのはブラジル人は日本が好きな人が多い。

夜の10時キックオフ。
スタジアムに流れる「君が代」で会場が一瞬静寂に包まれる。改めて美しい国歌だと感動。

試合の内容については特にふれるつもりはないが、
(見たまんまです)
ただ生で見たドログバの存在感、ヤヤトゥレの巧さや一瞬のスピードは1つ、2つ上の次元だった。

まぁまだあと2戦ある。

本当の日本の「真価」が問われるときがきた。

(写真/文 SUNViSTA)