(写真 onyourmark / 文 中島良平)

1月20日に恵比寿にオープンしたSunshine JUICE。独自の視点でスポーツとフードカルチャーを追求するonyourmarkブロガーのnoriさんが経営し、フレッシュなコールドプレスジュースを提供するお店です。

英語、中国語、日本語を操るコミュニケーション力で広いネットワークを築くnoriさんは、NY出身のアーティスト、マイク・ミンにブランドのロゴとウォールペインティングの制作をオファー。旅を続けながら各地で作品を発表し、波などの自然にインスパイアされたペインティングが注目を集めるマイクは、お店の世界観をどのように表現するのでしょう? エンデュランススポーツ(おもにランニング、スイミング、サイクリング)を続けるnoriさんと、サーフィンやスケートボード、サッカーを楽しむマイクに、スポーツのあるライフスタイルについて話を聞きました。

回復のために有効なものを適量摂取するのが効果的で、そういう風に栄養を取ったほうが身体も気持ちいい。(マイク)

―まずSunshine JUICEについて教えてください。

nori  これまでスポーツを続けながら、食べることや摂取するものについて大事に考えてきて、自分の体でわかったことを多くの人に伝えたいと思ったのがSunshine JUICEを始めたきっかけです。どういうものがおいしいか、スポーツ後の回復にいいか、体調を整えて気分もよくなるか、そういうことをフレッシュなジュースで伝えたいですね。

―そこでマイクにウォールペインティングを依頼した経緯とは?

nori  マットという友人がNYにいて、ジュースのプロジェクトをスタートするという話をずいぶん前からしていたんですが、彼が「紹介したいアーティストがいる」とマイクに会わせてくれたのがきっかけです。まずロゴを作ってもらって、それから店内のウォールペインティングもお願いしました。

マイク・ミン   こういうペインティングがホントのオーガニックだよね。直線でカッチリ描くだけじゃなくて、線と色に動きがあって。

マイク・ミン   自分は家で食事することが多いし、妻もダンサーで栄養学をベースに健康な食事を実践しているから、このお店みたいなジュースはすごくいいと思う。年を取ると運動してからのリカバリーに時間がかかるようになるけど、回復を早くするためには有効なものを適量摂取するのが効果的で、そういう風に栄養を取ったほうが身体も気持ちいいよね。

―ところで、どうやってこのお店のペインティングのイメージを作りましたか?

マイク・ミン   まずこの壁の広さで何ができるか、noriがどういうイメージを持っているかを聞きながら考えた。フレッシュなジュースブランドとして新しいイメージを作りたいと思って作業を始めたんだ。依頼されて絵を描いたりデザインするときは、最終的な完成に向かって制作するから自分の作品としてペイントするときとは少し違うけど、基本的に自分の体験とか気持ちからどういうイメージが生まれるかを大事にしてる。

nori  このお店のウォールペインティングにしても、“白と黒にちょっとグレー”とか、そういうんじゃないだろってことでマイクに頼んでよかった。マイクはスポーツからペイントのイメージが生まれることもある?

マイク・ミン   サーフィンをしてるから海とか波のイメージから始めることが多くて、ライドが成功して気持ちいい感覚だったり、波に巻き込まれて自然の強さを身をもって感じたときの感覚だったり、そういうときの気分をどうやって絵にしようかと考えることは多いかな。それで描き始めてからどんどんアブストラクトに向かっていく。

ニューヨーカーはリフレッシュのためにスポーツをうまく使ってるなって思う(nori)

―マイクは日本に来たときもサーフィンをしますか?

マイク・ミン   うん、時間があるときには海にも行く。サーフボードを持ってこようとすると飛行機ですごい金額を払わなきゃならないから自分の板は持って来れないけど、逆にそれがすごく楽しいんだよね。普段の慣れてる波じゃないし、借りものだからボードも慣れてない。それでうまく乗ろうとするチャレンジが楽しいし、自分の板に乗ったときに感覚も変わって表現が広がる。

nori  NYのマットもサーファーだし、マイクや他のサーファーたちにも会いましたけど、彼らは日常にサーフィンを取り入れるのがすごくうまいと感じましたね。

—街から海が近いんですか?

nori  距離的には東京から湘南に行くぐらいの海なんですけど、ちょっと時間ができたからサーフィンしに行って、また街に戻ってきて仕事を始めたり、うまくリフレッシュにスポーツを使ってるなって。ヨガなんかもそういう風に取り入れていたりするし、街にはランナーも多いし、スポーツでうまく発散していますよね。

自分ひとりじゃサッカーは勝てない。仲間を認め、自分が我慢することを学んだ(マイク)

―雑誌『mark』01号(onyourmarkの雑誌版)のほうでも少し紹介していますが、マイクはサッカーチームにも入ってますね?

マイク・ミン   そう、Chinatown Soccer Club(CSC)というチームでプレーしてる。週3回練習していて、火曜日と木曜日は朝8時半から9時半までの仕事前の時間に集まって、土曜日は朝の9時から12時までの3時間。

nori  僕も普段からランニングをしたり自転車で移動したりしますけど、このデイリーな感覚でのスポーツとの関わりがNYならではというか、いいですよね。新しいものが出てくると、みんなそこに対して貪欲だよね。

マイク・ミン   CSCも友だち関係で誘い合って人数が増えてチームになったんだけど、みんなホントにサッカーをしたいと思ってるから週3回とも人数が集まってゲーム形式でできるし、リーグとかトーナメントに所属しているわけではないから本気で勝つためのトレーニングをしているわけじゃないけど、フレンドリーにサッカーで汗を流せて充実してる。

―どういうメンバーのチームなんですか?

マイク・ミン   クリエイティブな仕事をしている人が多いかな。2002年のワールドカップ後にNYでサッカーが盛り上がって、フォトグラファーとかアーティストとか、スケーターとかが、“サッカーしよう!”って集まったのがスタートのきっかけ。

—チームの規模はどのぐらい?

マイク・ミン   メンバーは60人以上いるんだけど、毎回の練習に20〜30人は揃ってゲーム形式でサッカーを楽しんでる。チームには起業家とか映画関係の人もいたりするけど、サッカーをプレーするときはやっぱりクリエイティビティが必要だから、何らかの形でクリエイティブに関わってる人が集まるようになった。

Photo:christian svanes kolding(christiansvaneskolding.com / instagram @svanes)

―おふたりともスポーツをうまく取り入れたスタイルで普段から生活をしている印象です。スポーツを続けてよかったことって何ですか?

nori  ランニングとか自転車は、思いついたら簡単にできるスポーツですよね。外に出ればパッとできるというか。それを毎日繰り返して、楽しみながら自然と続けてこれたので、「何かを続ける」ということを体験的に学べたと思っています。あと、トライアスロンもしているんですけど、タイムをどう伸ばそうかと考えているわけではなくて、自転車で山に行ったり海や湖を泳いだりしたら違うものが見えますし、走って季節も感じられますし、そうやって楽しめることが大きなモチベーションになっていますね。

マイク・ミン   自分はもともとサーフィンやスケートボードをやってたんだけど、サッカーを始めてチームプレーを学べたのは大きいかな。自分ひとりじゃサッカーは勝てないから、仲間の動きを認めることを覚えたし、自分が我慢する必要があるということもすごく学べている。そういうのって、社会をどうやって生きていくかにもつながる大事なことだよね。あと、ハワイのダイヤモンドヘッドでサーフィンをしたときのこともよく覚えてる。子どもからおじいちゃんまでがサーフィンをしているんだけど、そういう交流もすごくいいと思うし、ロングボーダーに乗ったおじいちゃんとか見てると、自分も絶対そのぐらいの年までやりたいと思っちゃう。ずっと動ける身体でいるためにもスポーツは続けたいよね。

写真左:Mike Ming(マイク・ミン)
1972年、ニューヨーク生まれ。ファミリーのルーツは日本の沖縄で、本人も6歳までの幼少期のほとんどを沖縄で過ごしたという。ロチェスター工科大学BFAイラストレーション科卒業。ニューヨーク・ブルックリンを拠点に米国内のアートショーをはじめ、日本での個展・グループ展でも作品を発表。サーフィン、フットボールをこよなく愛するアーティスト。 http://www.mikeming.com

写真右:nori(ノリ)
エンデュランススポーツ(主にランニング、スイミング、サイクリング)を自身も楽しみながら、日本語英語中国語のトリリンガルを武器に国内外のエンデュランスを中心としたスポーツ周辺カルチャーや、スポーツにも関連したフードカルチャーを独自すぎる視点で追求、紹介していきます。Ironmanをはじめとしたトライアスロンレースガチンコ参戦中。

「コールドプレス」という特殊なジューサーで野菜や果物の水分を搾り出すフレッシュジュース専門店。しかも、朝8:00~10:30の時間帯は「モーニングハッピーアワー」と題して、日替わりジュースをショットサイズ1杯200円で提供しています。

Sunshine Juice EBISU
住所:東京都渋谷区恵比寿1-5-8
TEL:03-6277-3122
http://sunshinejuice.jp/
Facebook: sunshinejuicecompany
月-金 8:00AM-7:00 PM
土 9:00 AM-7:00 PM
日休