オフビートランナーズ」や「HOWTO42.195」をはじめ、onyourmarkおなじみの写真家・松本昇大のフォト・エキシビジョンが今週末より原宿のVACANTでスタートします。

2008年より6年間ものあいだ撮りためてきたのは、年に一度のレースに臨む学生ランナーたちの姿。学生生活の全てを賭ける不安と期待に満ち溢れた彼らを捉える松本は、決定的瞬間を狙うドキュメンタリー的な目線から離れ、若きランナーたちの何気ない仕草や表情、または彼らの目線の先にある風景を収めました。

“この孤独感こそ世の中で唯一の誠実さであり現実であり、
けっして変わることがないという実感とともに。”
ーアラン・シリトー『長距離走者の孤独』より

孤独という言葉は僕に走ることを想起させる。

彼らは走っているとき、全く一人になり、内面に深く潜る。

タッ、タッ、タッ。ハッ、ハッ、ハッ。

彼らの近くでひとつひとつの仕草を観察し、息使いや足音を感じ、反応したいと思った。

松本昇大

若さゆえの輝きと脆さを同居させた写真群は、学生生活の全てを賭ける不安と期待に満ち溢れ、多くの人を惹きつける魅力を放っています。今回の展示では、厳選された一部の作品たちのみのお披露目ですが、スポーツを愛する人々にこそ、是非足を運んでほしいエキシビションです。

Photo Exhibition
“The Loneliness of the Long Distance Runner”

日程:2014年2月15日(土)~3月2日(日)
時間:12:00~20:00 ※休業:月曜日
場所:VACANT 1F(渋谷区神宮前3-20-13)
入場無料

プロフィール:
松本昇大(まつもと・しょうた)
1983年、大阪府生まれ。東京在住。
2008年より写真家・若木信吾氏に師事。
2011年、独立。
http://shotamatsumoto.com/