プーマより日本人の走りに特化した本格的なパフォーマンスランニングシューズが登場します。クッショニングスケールと重量別にさまざまなタイプをそろえ、モデル名の数字がそのクッション性と重量を示すPUMA Faasシリーズより、スピードトレーニングから本格レースまでをカバーするモデル「PUMA Faas 300 RS-J」。

レースで上位を狙う日本人ランナーのために、よりフィット感の高いジャパンフィットラストを採用。ミッドソール、フォームが本来持つクッション性を最大化し、機能素材を駆使。TPU素材やシャンク等の硬い素材を使用せず、ランナーに必要な機能をフォームによって作り出すことで、「キモチいい走り」を実現させました。

涼感を高め、快適なランニングを実現

アッパーとインソールに高機能メッシュ素材を採用。軽量であることはもちろん、アッパーは太陽熱線の遮熱、紫外線の大幅カット、吸汗速乾性の機能を持ちます。ライニング / インソールにも放熱性、涼感をキープする「Ever Dry」を採用し、発汗時の皮膚温度上昇も抑制します。機能素材が夏場のランニングを快適にします。

トップランナーが体感したPUMA Faas 300 RS-J

プーマ R.Cに所属するランナーで、2013年つくばマラソンでは自己ベストで優勝も果たしている松本昂大選手は次のように述べています。

「日本人に向けて開発されただけあって、日本人の足に合っていると思いますね。このシューズはフィットしましたし、しっかり踏み込めてグリップも付いているので足の巻き上げも楽になった気がします。フルマラソンでも結果を出ましたし、これだけ軽くて薄くても安心感がありました。私はレースでも履いていますが、普段のスピードトレーニングでも使えます。」

PUMA Faas 300 RS-Jの機能とは

ミッドソール/アウトソール
確実なトラクションと軽量性を両立するアウトソール素材を採用。前足部に配された細かい突起が地面をしっかりと捉えます。ミッドソールは一枚構造で接着を少なく、スムーズな足乗り感をフォローします。
ミッドソール : 合成樹脂(モールデッドEVA樹脂、Faas Foam+)
アウトソール : 合成底(フォアフット : エバーライト+ / ヒール : エバートラック)

アッパー/タン
高機能メッシュ素材「Ever Shade(エバーシェイド)」を採用。太陽熱線の遮熱、紫外線遮蔽性、吸汗速乾に優れた効果を発揮。前足部にはリフレクターを搭載し、夜間の視認性も向上させています。
アッパー : 合成繊維(メッシュ) / 合成樹脂(TPU)

インソール
放熱性に優れ、着用時の涼感を大幅に向上させる高機能メッシュ素材「Ever Dry(エバードライ)」を採用。発汗時の皮膚温度上昇を抑制します。


PUMA Faas 300 RS-J(プーマファース 300 RS-J)
●展開カラー:(メンズ)[187359 01]メタリックブルー/インシグニアブルー/フローピーチ
[187359 02]オンブレ ブルー/ブラック/プーマ シルバー
[187359 03]フローイエロー/アイランド グリーン/オンブレ ブルー
(ウィメンズ)[187360 01]ブラック/ビートルート パープル/スペクトラム ブルー
[187360 03]カリプソコーラル/サニーライム
[187360 04]スペクトラム ブルー/プーマシルバー/ビートルート パープル
●サイズ展開:(メンズ)25.0~29.0、30.0、31.0cm/(ウィメンズ)22.5~25.5cm
●販売価格:¥12,000(本体価格)
●重量:[メンズ]205g(27.0cm)[ウィメンズ]180(23.5cm)
●発売日:2014年2月14日