プロサッカー選手は「個人事業主」だと言われています。クラブとその都度契約を更新し、自分の居場所を作る。そうしたサッカー選手が、サッカー選手でなくなったらどうなるのか。

Jリーグ創設から20年。毎年100名以上の選手が新しくプロになり、押し出される形で100名を超える現役選手たちが引退しています。平均引退年齢26歳という厳しいプロスポーツの現実の中で、選手たちは、その後どんな新しい道を歩き始めるのでしょうか。

解説者や指導者を始め、JFL/地域リーグへの移籍、海外クラブへの挑戦、クラブ職員、サッカー教室、就学、もしくは新たなフィールドへとチャレンジする人もいます。何を考え、どうやってそこにたどり着いたのか。元サッカー選手にとっての“働く”ということを直接伺い、探っていきます。日本とスポーツをめぐる社会や経済、教育、労働、制度、イノベーション、夢や希望といった様々な問題が、浮き上がり、これからの話題の俎上にあがってくれたら、と。そんな”サッカー選手のセカンドキャリア”をテーマにしたトークシリーズ「ball or something」も、いよいよ4回目。ゲストは、つい先日引退を発表されたばかりの元日本代表の戸田和幸さんです。

 2002年日韓ワールドカップの代表として全試合に出場し、その翌年にはプレミアリーグに挑戦。豊富な運動量とクレバーな判断力で日本代表の中盤を固めた戸田さんは、今年シンガポールリーグでのプレーを最後に、ユニフォームを脱ぐことを決意しました。J1、J2含め、現役生活18年間で5カ国11クラブでプレーした戸田さん。怪我や幾度かの戦力外通告、その度に自ら望んだ新天地。引退を決断されるまでも、引退の危機、覚悟はあったのでしょうか。

 また、35歳という年齢で進み始める次なる人生のスタートは、いかに決断されるに至ったのか。引退直後、「引退へ」としてまた「次の現役へ」。今まさにセカンドキャリアを歩み始めた男に聞く、仕事としてのサッカー、職業としてのサッカー選手。

2013.12.15 (sun)
at VACANT
13:30 open / 14:00 start
料金:¥1,000

出演:
戸田和幸(元日本代表)

聞き手:
山口博之(BACH)


ゲストプロフィール:
戸田和幸

1977年12月30日生まれ。東京町田市出身。
経歴:
桐蔭学園高校→清水エスパルス→トットナム・ホットスパー(イングランド)→ADO・デンハーグ(オランダ)→清水エスパルス→東京ヴェルディ1969
→サンフレッチェ広島→ジェフユナイテッド市原・千葉→慶南FC(韓国)→ザスパ草津→FC町田ゼルビア→Warriors F.C.(シンガポール)
主な代表歴:
ジュニアユース代表(1989)  U-17日本代表(1993)
U-19日本代表(1996)  U-20日本代表(1997)
U-21日本代表(1998)  U-22日本代表(1999)
日本代表(2001) FIFAコンフェデレーションズカップ2001 準優勝 /4試合出場
日本代表(2002) FIFA ワールドカップ日韓大会 ベスト16 /4試合出場
A代表通算20試合1得点

予約:booking@n0idea.com (VACANT)
*件名を「ball or something」とし、本文に「お名前/人数/ご連絡先」を記入したメールをご送信ください。
*万が一、2,3日経っても返信がない場合は、03-6459-2962(VACANT)までお電話ください。

主催:HUTU、山口博之

Illustration by Noritake