(写真 村松賢一 / 文 onyourmark編集部)

名前:山口佳吾 KEIGO YAMAGUCHI
職業or所属:ヨガインストラクター

MY GATHERING:MMB(マイソール・マサラ・ブラザーズ)

MMB=Mysore Masala Brothers(マイソール・マサラ・ブラザーズ)のメンバーにして、「自分自身がMMBのファンです(笑)」と語るのは、ヨガをはじめて3年という山口佳吾さんです。インド料理店に勤務しながら、You TubeにUPされたヨギーニのアーサナ動画に刺激を受け、主に自宅で練習を重ねてきたそうです。

ーー普段の職業というと?
ヨガインストラクターであり、インド料理店勤務。あとは茶摘みです。

ーーヨガとの出会いを教えてください
3年前の夏、幼なじみの家に遊びにいった時に一冊の本と出会いました。がそこにはヨガのインストラクターとして活躍している友人のお兄ちゃんが写っていて、もともとヨガに興味はあってかっこいいなとは思っていたのですが、何となく女性っぽいとか、そういうイメージがあった。それでなかなか行動することができなかったんですけど、そのときにYouTubeの動画を見た僕は、空いた口がふさがりませんでした(笑)。アシュタンガヨガというヨガがあるということを知り、その数日後にはヨガスタジオに行ってアシュタンガヨガを始めていたんです。

ーーヨガにハマった理由を自己分析すると?
もともとハマりやすいタイプなのですが、ヨガにハマったのは、スタジオに行くと必ずいる刺激し合える仲間の存在や憧れの人達のおかげだと思います。実は、アシュタンガヨガの練習を始めてからすぐに、友人のお兄ちゃんに加えて、もう1人、ヨガをやるかっこいい人を発見しました。その憧れの人が、MMB次男の更科有哉さんなんですよ。僕は毎日のようにYouTubeやプラクティショナーの動画を仕事の休憩時間や寝る前に見ていて、いつか僕もああいう動きができたらなぁ、とか、あんなポーズができたらなぁとかって考えたり、そのためにはカラダをどう動かしたらいいか、どう意識したらいいかってことを考えていました。そして段々とできるようになったり、ならなかったり、それを今は楽しんでいます(笑)。

ーーMMBの魅力、MMBだからこそできること改めて教えてください。
それぞれ違った場所で産まれ育ち、違った経歴を持った4人ですが、アシュタンガヨガを通じでインドで出会い、南インドのマイソールで結成されました。これからも可能な限り毎年マイソールに行き、ヨガと食のプラクティスをしていき、実際に僕たちが感じた事を共有していき、マイソールの風をお届けできたら! と思います。

ーー今後、MMBで思い描くビジョンとは?

今回9月に北海道・美瑛でMMBリトリートがあるのですが、偶然にもメンバー全員が北海道・福岡・名古屋・京都というふうに各地で生活しているので、今回のリトリートのようなことをメンバーそれぞれが生活している、九州地方、中部、関西地方や日本各地などでも開き、アシュタンガヨガや南インド料理の魅力を一人でも多くの人に知ってもらい、一緒に楽しんでいけたらなぁ。と思います! 

ーー最後にメンバーに一言。
みんな大好きです! Big AZS!!!