興味のあるスポーツやはじめたいスポーツとの関係性や理解がぐぐっと近くなるきっかけのひとつに、イベントやフェスというものがあります。ことヨガにおいては、アジア最大級の規模で開催され、最新のヨガ事情を網羅できる「ヨガフェスタ横浜2013」は、入り口としてはとってもオススメのイベントだといえます。

今週より前売りチケットの発売スタートし、今年で10回目を迎えるヨガフェスタ。昨年回では約3万人超の来場者を数え、今年の講師陣はTVや雑誌など日本のヨガの第一線で活躍するケンハラクマ、綿本彰、モデルのSHIHO、タレントの田中律子など74名にて98レッスン。今年の参加者は無料イベントの拡大により延べ4万人程度の来場を見込まれ、今年はコラボレーション企画や特別企画が目白押しです。

<韓国コリアカンファレンスとコラボ>
ソウルで開催される韓国国内最大級のヨガイベント、コリア・ヨガカンファレスンとのコラボ企画を開催。初の試みとして各イベントのチケットを同時発売する他、両国を代表するヨガインストラクターがゲスト出演。ヨーガを通した文化を超えた交流が期待されます。今年は同じエリアにある現代百貨店で10月3日から4日間開催。

<YOGA SHOW>
ヨガインストラクターや劇団所属のダンサー、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマ等が実際にヨガのポーズをとらない、「観るヨガ」をショー形式で公演。

<ヨガ友>
ヨガはつながるという意味があります。ヨガフェスを学ぶ場ではなく、友達を見つけに行く目的で参加してもらおうという試み。入口で配られる気分に合わせたバンドを手首に付けてコミュニケーションのきっかけに。

<東北の子供たちに空とヨガを>
東北の子供たちに青空のもとヨガを楽しんでもらう事を目的として、バスをチャーターして子供たちを横浜に招待するチャリティー企画。資金は一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン(東京都港区、代表理事 佐藤 大吾)の協力の元、日本全国のヨギーに寄附をよびかけます。

<芸術とYOGA>
ヨガを深めていくと感性の扉が開くと言われています。そのようなYOGAと芸術は非常に親和性が高いはず。芸術にヨガを、ヨガに芸術をという想いから9月22日のフェス開催中に横浜海の公園で開催されている第15回金沢文庫芸術祭(代表 浅葉 弾)とコラボレーション。東北の子供達も一緒に芸術を楽しめる企画を予定。

個人でも、また友人らとともに参加できるヨガのお祭り、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。前売りチケットについては公式サイトをご確認ください。

『第10回ヨガフェスタ横浜2013』
会場:パシフィコ横浜
   アネックス全館+ハーバーラウンジ/展示 ホールD/臨港パーク
日程:2013年9月21日(土)   9:30~19:30
   2013年9月22日(日)   8:00~19:30
   2013年9月23日(月・祝) 8:00~17:30
URL:http://www.yogafest.jp/

■レッスンエリア(有料)
ヨガを深めたい人、指導者に向け、総勢74名もの人気講師たちが集まります。今年はヨガビジネスを営む方向けのレッスンを開催。人気のヨガスタジオ経営者やイベント主催者から、運営ノウハウを学ぶ講座が新設。レッスンチケットは事前に公式サイトで販売、予約が可能。
・6枚セット 8,500円/10枚セット 13,000円/
 20枚セット 23,000円 (チケット購入は当日受付にて)

■ショーケースエリア(無料)
(1)無料体験レッスンが24クラス
気軽にヨガを体験したい人は、まずはフリーレッスンスペースへ。
無料で3日間でドネーションクラスも含めると2エリア24レッスンを無料で気軽
に体験する事ができます。

(2)国内最大級。ヨガ関連ショップが勢揃い
海外からの出展も含めて50以上の国内外のブランドが勢揃いするのはヨガフェスタだけ。入場無料のため、レッスンを受けなくても、ヨガフェスタならではのお得な特典がいっぱいのブースでお買いものだけでも十分楽しめます。

(3)観るだけで楽しいショー
200席のメインステージでは見るだけで楽しいライブやデモ等ゆっくり見て楽しむヨガが満載。フェスのテーマソング「Long time sun」を歌うカナダ人シンガーのウィル・ブランダーフィールドが特別来日。ライブも開催されます。

■パークヨガスエリア(無料)
野外で思いっきりヨガを満喫。緑、海、空の自然に囲まれた臨港パークでヨガをエンジョイ。YOGA未体験者はピクニック感覚で、レジャーシートの上でできる範囲で「ちょっとトライしてみる」程度のライトな感覚で3日間13レッスンをご用意。

(文 onyourmark編集部)