いよいよ今週金曜日の8月2日に発売となる「NIKE FREE FLYKNIT+」。ソールには裸足感覚でおなじみの「ナイキ フリー」のテクノロジーを搭載し、さらにアッパー部分には糸で精密に編み上げるイノベーションにより第2の皮膚のようなと形容されることが多い「ナイキ フライニット」のテクノロジーを搭載。まさに、ナイキが持つ2大テクノロジーを融合させた、これまでにないランニングシューズです。

「ナイキ フリー」がもたらす足を自然に動かせる良さと、「ナイキ フライニット」のサポート性のあるフィット感、これによりランナーの足どりはさらに軽くなるのか。

「ナイキ フリー フライニット+は、サポート性のある靴下のようなアッパーに、足と一緒に動くミッドソールとアウトソールを組み合わせた、体の自然な機能を生かすという原則の究極的な表現です。」と、ナイキランニング、クリエイティブディレクターのショーン・マクドゥエルは話します。つまり、「足を圧縮するようにフィットすることで、ソールがしっかりと足に密着し、推進力も高める」そうなんですね。

ナイキ フライニットのコンプレッション
シューズのアッパーに用いられている、新しくさらにコンプレッションを加えたナイキ フライニット構造は、ランナーの足をしっかりとシューズの土台に安定させます。フライニットのアッパーが生み出すユニークな模様は、足の上にかかるプレッシャーに関する洞察から生まれました。ナイキスポーツ研究所の科学者たちは、プレッシャーマッピング技術を生かしてストレスのかかる部位を見出し、デザイナーたちがそれをもとに新しいアッパーをデザインしました。足の甲の部分は屈曲しやすいように伸縮性とゆとりを持たせ、周辺部の編目をきつくすることで前足とかかとをより安定させます。さらに、足首のまわりも伸縮性を持たせた構造にすることで、快適で滑らない、しっかりとしたフィットを実現しています。

ナイキ フリーのプラットフォーム
先進的なフライニットのアッパーが、ナイキ フリー+ 5.0のミッドソールの上に組み合わされています。これは、ナイキ フリーの中ではちょうど中間にあたるクッション性を提供するもので す(1から10の数値で、1は裸足の状態、10は伝統的なランニングシューズに相当します)。屈曲性を高めるために切れ込みの入ったナイキ フリーのソールは足と一緒に自然に動きます。中足部を斜めに走るようにアーチ部分まで伸びる切れ込みを熱で刻み、ランナーが体重移動させるときの中足部の動きも自然なものにします。

ナイキ フリー フライニット+は、最高のランニングを実現させるための何十年にもわたる運動科学の研究とデザインの探索の結果から生まれたものです。コンプレッションを与えるフライニットアッパーと、屈曲性に富んだナイキフリーのミッドソールとアウトソールの画期的な組み合わせによって、より自然な乗り心地を提供するランニングシューズを生み出し、アスリートの能力をさらに増幅させるかのように長い距離もより快適な走りへと導きます。

ナイキ フリー フライニット+
価格:15,225円(税込)

ウィメンズ ナイキ フリー フライニット+
価格:15,225円(税込)

NIKE RUNNING URL:nikerunning.com

お客様問い合わせ先:
ナイキお客様相談室 0120-500-719

(文 onyourmark編集部)