名前:布施麻子 ASAKO FUSE
生年月日:1977年4月22日
年齢:35歳
職業or所属:会社員/トレイル鳥羽ちゃん
Facebook:布施麻子
やっているスポーツ:ランニング(3年)、トレッキング(4年)、トレラン(1年)、ヨガ(3~4年)
お気に入り:smart wool、Arc’teryx、Salomon、Suunto(Ambit)、山と道
やってみたいスポーツ:クライミング

登山とランニングを続けていたことから知人に誘われ、トレイルランニングを始めたという布施麻子さん。常々、“山は歩くもの”と思ってきた彼女にとってトレイルランニングは、当初は「登山のためのトレーニング」でしかなかったそうです。「でも1年くらいですかね。続けていたらすごく面白くなってきて、最近になってようやくトレランと登山を区別して楽しめるようになったんです。はじめは同じ山を走ることと歩くことの違いに混乱していたんですけど、今はその違いも受け入れて、歩くことで感じられる世界と、走ることで出会える世界、その全く違うふたつの世界をどちらも楽しめるようになってきました」山は歩くもの、と感じてきた彼女の中で、山は走ることもできる、に変わった変化についてもう少し話してもらいました。「たとえば、トレランへの入り口として、「登山から」の場合と「ランニングから」の場合とで、やっぱり装備やリスクへの考え方が違うと思うんです。でも目指すべきこと、注意すべきことは同じですからどちらが正解とかではないんですね。どちらの考え方も理解でき、どちらの良いところも知ったからこそ、それぞれの考え方を捉えられるようになれたのだと思います」現在はトレイルランニングのチームに所属。今年は「キタタン」(北丹沢12時間山岳耐久レース)や「ハセツネ」(日本山岳耐久レース)にエントリーを予定しているそうで、勝負の年になるのだとか。「どちらも”耐久”がつくので、今年は耐久力を付けようかなって(笑)。もしゆるいだけのチームだったら続けてなかったとも思いますけど、今は仲間に引っ張ってもらってるんです。ランニングは個人競技だと思っていましたけど、チームに入れば仲間と楽しめて、レースも共に走り、サポートに回り、とチームスポーツなんだなって実感しています」

(撮影 村松賢一)