名前:鈴木淳志 ATSUSHI SUZUKI
生年月日:1979年1月5日
onyourmark ID:mildats
年齢:34歳
職業or所属:会社員 ,トレイル鳥羽ちゃん
やっているスポーツ:スノーボード(7年), サーフィン(5年), ランニング(2年), トレイルラン(半年)
お気に入り:パタゴニア

スノーボードやサーフィンなど横乗り系のスポーツを長年楽しんできた鈴木淳志さんが走るようになったきっかけは、2011年3月に起こった東日本大震災でした。「あの震災があった日は会社から自宅までの約10kmを歩いて帰りました。いわゆる帰宅難民とよばれる人の波が通りを埋めていくのを見て、何があっても生き延びる体力をつけなくてはいけないと実感しました」最初は3km程度から走り始めたものの、昨日行われたかすみがうらマラソンでサブ3.5(3時間30分以内)を目標に挑み、季節外れの極寒のコンディションの中、ネットタイムで3時間21分21秒という好タイムで完走したそうです。さらに最近は仲間に誘われてトレイルランニングにもハマっているとか。「当初は体力作りが目的だったのでランニングって孤独に一人で黙々やるものというイメージで、実際2年間ずっとそうしてきました。でも今のトレイルランニングのチーム(トレイル鳥羽ちゃん)に出会ってトレイルの面白さや仲間と一緒に走ることの楽しさを教えてもらえました。最初は鎌倉の山を走ったのですが、脳内で何かが放出される感覚がスノーボードやサーフィンと似ているなと感じましたね。エクストリーム感だとか、自然と触れ合う感じが似ているのかも知れません。今年は6月に八ヶ岳で行われるスリーピークスや、おんたけウルトラトレイル100kmにもエントリーしています。今後は、ランニング・トレランでより速く、長く走れるようになりたいと思ってはいますが、鳥羽ちゃんに入って仲間と一緒に走った後にみんなで飲むビールが最高!だったので、それを再び味わうことがトレーニングのモチベーションになってなっています。というわけで、今は走ることがただ生き延びるという術ではなく、より良く生きる・より豊かに生きるために自分にはなくてはならないものと感じてます」

(写真 村松賢一)