手術から無事1週間が経ちました。経過は順調だと思っていますが
如何せん車椅子生活だったので、本当の回復具合が分かるのは
いよいよ足を付く許可が出る今日からという事でとても楽しみにしていました。
まずは朝一で抜糸がありました。
抜糸前の患部

パチン

パチン

あっという間に抜糸終了。傷口も問題なく、経過は順調とのこと。

その後、ルーティーンであるCPM 0度〜90度 1時間をこなす。伸展0度も
自ら押し付ける様になるべく伸ばした方が効果的だと気づき、実践。だいぶ伸びてきた。
午後には自分にとってのスキーの神様秋庭さん、50歳記念剣岳登頂&滑降を成功させた弾蔵さん、
顎の手術を控えたラッサンが来てくれて、増々気合いが入る。
車椅子に乗って行く最後のリハビリルームになるか?という事で
まずは簡単な可動域チェック。伸展の大幅な進化に、”土日、相当頑張りました?”と褒められる。
まあ、頑張るというか当たり前にやるべき事をやっていただけという感じなんですが。
そしていよいよdonjoyを付けての松葉杖歩行。1週間ぶりに右足にも体重かけて立ち上がる。
まずは肩幅くらいに開いて状態を真っすぐにしたまま左右交互に体重移動してみる。
うん、問題なさそう。という事でそのまま松葉杖歩行へ。
最初の一発目は二本使ってみたが、全然問題なさそうだ、という事で一本へ。

全く問題ない。これは松葉杖無しでも歩けるのでは??という事で
おりゃっ

歩けるじゃないですかあ。傷口の痛みはあるものの奥の方の嫌な痛みなどは皆無。
リハビリ担当からも “自分の経験上で、こんな早い回復は初めてです。
術前リハビリもしっかりやってましたし、術後の熱心なアイシング(これは相当重要です)も
丁寧にやってましたからね!” ととても嬉しいお言葉が!
さらに “何よりも意識の高さの賜物だと思いますよ!”と。
この言葉、嬉しいというよりも、やっぱりそうですよね、という感じだ。
意識というのはそれ位大事だという事だ。気持ちの部分というのはなによりも
大きなエネルギーなのだ。世の中も変えたいと皆が本気で意識すれば一般論よりも
早く、良い方向に変えられるんだと思っている。

夜にcinema caravanの仲間がマックンカレーを届けてくれた。

まさか病院でマックンカレーが食べれるとは思ってなかったよ〜
世界一好きなバターチキンカレーです。
基本的には店舗を持っていないので
逗子のcinema amigoや鎌倉のオイチイチで食べる事が出来ますが
その動向はtiwtter @spicetree0316をフォローしてチェックして下さい。
本当に美味しいんですよ〜

心も体もお腹も満たされた、そんな術後1週間目でした。
明日は感染症の確認のための血液検査や患部の確認のためのレントゲン撮影なんかもある。

皆さんの声援届いております。
まだまだ頑張りますよ〜。

これまでの記事はこちら

この記事を著者のブログで読む