患部の痛みは劇的に落ち着いてきたものの、
やはり同じ体勢での睡眠により、腰や右足の外側がもの凄い派って辛い。
そういった意味でも今日は午前中にドレーンを抜くという待ちわびた儀式がありました。
入っていた管は2本なのですが
想像していたよりも太いまま結構奥まで入っていてビックリ。
抜くときの感覚が担当医師に “変な感じしますよー”と言われていたんですが
うーん、、痛いとも言うけど、確かに変な感じでした。
人によってはとても痛い、という場合もあるそうですが、まあ、変な感じ、くらいでした。

初めて患部とご対面した訳ですが、思っていたよりも痛々しくなく、綺麗だな、という印象でした。
グロいと思われたらすいませんが写真載せときます。

が、、聞いてはいたが、膝裏のうっ血が痛々しかった。。
でももっと膝周りがうっ血する人もいるのである意味コンパクト。
これはちょっとグロいですが写真載せときます。

で、やっと患部を覆うガーゼだけの状態になった訳ですが。
うーん、全く力が入らない感じが写真でも分かりますね。
下腿はまだ筋肉の凹凸が分かりますが
(力を入れた状態ではありませんが。力を入れたらさすがに凹凸は見えました。
必死にリハビリやってる時だったので写真はないです)
太ももあたりの女子の足みたいななんだかツルっとした感じ、
うーん、一緒に頑張ろうな!って声かけてやりたいくらい、哀愁に似たものを感じました。

これにて、酸素マスク、点滴、ドレーンと今まで付いてきた全ての管が取れた訳です。
この開放感はたまりません。今夜は寝返りもうてるしね
(プラス尿管がある人もいるので、そういう人はさらにたまらないでしょうね)
さあ、モチベーションが上がった所でリハビリルームから呼び出しが。
ドレーンが取れたという事で、大腿四頭筋に力を入れてみる。
状態を寝かせた状態ではなかなか難しいが状態を起こしたままなら
想像していたよりは筋肉の隆起を見る事が出来てホっとした。
受傷直後の方が酷かったような。術前リハビリのお陰かな?やはりリハビリは裏切らないか?!
さらに横向きになって股関節周りのトレーニングまで!横になれるだけでも嬉しいー。
]気持ちいー。うつ伏せになって足を上げるのはハムストリングが痛むのでまだ無理でした。
さらに9kgのダンベル2個、これしかないけど上半身トレーニングの許可も出ました。
自主的なメニューなので好きなだけやって良いですよ、
という事だったので出来る事はだいたいやって汗ダク。。
腹筋も出来る。まずは一安心。他の部位まで弱くなっちゃったら話にならないからね。
このチャンスにしっかり強化しないと。今日は暑さがヤバかったのでこれ以上汗をかくのは危険という事で病棟に帰還。

今日から始まるもう一つのメニュー、CPM!!
足の屈曲と伸展を設定角度でひたすら機械的に(機械ですが)続けてくれるマシン。
病院によって方向性が違う様で、ここでは90度以上は退院後だとか。
で、今日は屈曲70度、伸展0度(これはずっと据え置き)結構これが痛いという人、
気持ち良いという人、様々だったので楽しみにしていたんだが、
70度?これなら機械いらないでしょ、、ってくらいだったのでお願いして85度まではあげてくれました。
まあ、90度、全然いけますね。明日には100度もいける気がする。
屈曲と伸展も術前に徹底的にやってきたからなんだろうな。やっぱりリハビリは裏切らないんだな。

今日は寝不足な上にリハビリも頑張ってしまい、体力的にはとても疲れた。
実際ダルいけど、疲労感得られるのが喜び、って感じですよ。
隣の人なんてもう何日ベッドの上で寝たきりなんだ?
(と思うとなおさら。日に日に回復して行く自分は本当に幸せだなと。
でもね、実際、本人のやる気次第ですよ、こればっかりは。
隣の人も車椅子OKとかその場で立ち上がった方が楽になる、とか言われても痛いからなあと。
で、痛いのも立ち上がったりを続ける事で取れてくる、と説明されても動きませんね。
まあ医者も痛いならそれ異常無理には進めませんからそのままですね。
この二日での進歩はまだまだ長い目で見れば僅かではあるが、
確かな手応えは一番のモチベーションになり。イイね。
しかしこの暑い日が続く中でリハビリも加速してかなりの汗をかいているのでいよいよ匂いがヤバいですね。
明日はシャワー浴びれるみたいだから、さっぱりリセットしたいです。

これまでの記事はこちら

この記事を著者のブログで読む