手術前日から入院していた訳ですが、前日はしばらく出来なくなるかな、と思いひたすら腹筋してました。
消灯は21時でしたが眠りについたのは24時を回った頃でした。
5時頃目が覚め、うとうとしながら6時になると水分も取れなくなるという事で直前に水分補給。
7時からはシャワーを浴びれるとの事だったので、しっかりと洗い、手術する膝周りの毛を剃りました。
そのまま手術着に着替え、呼び出しを待ちます。
8時過ぎ、看護士に呼ばれ、ドクターから整形外来に検診に来るように言われた、
と聞かされドキっとしたが、結局入院が日曜日のために出来ていなかった機械による伸展の数値を取るだけでした。
そのまま手術室に向かう様指示され、歩いて手術室に向かう。
これから手術を受ける人という感じはその着物以外には皆無。
手術室はかなりの数があった、通された手術室ですぐにベッドに横になるように指示された。
早速点滴を打たれ、酸素マスクを仮でつける。全身麻酔と聞いていたが、浣腸も尿管も無しの様で????
手術室の若いスタッフ同士で”全麻”ですよね?などという会話がされていた。
吸気なんだな、とこの時理解して、ちょっと安心する。
“ゆっくり深呼吸してくださいー”と言われ深呼吸する。
“少しホワホワっとして来ませんかー?”と聞かれ、
ちょっと楽しみになったのもつかの間、ホアホアして来た気が。
“体も大きいし多めにしとこう”という声が聞こえ
“では麻酔入れますんでね〜”と言われたのを最後に次に記憶が戻るのは
“コバヤシさーん、コバヤシさーん”と二回呼ばれた声だった(もっと呼んでたのかな?)
戻ってこれたー。で??
終わったの??
“痛みどうですかあ?”といきなり聞かれ
???あ、痛いじゃん、めちゃめちゃ、、で、”ちょっと痛い”というと点滴に鎮痛剤を足してくれた。
ドクターが来て起きたばかりでホワホワしている自分に向かって
“半月板、左側はボロボロだから切ったよ。
軟骨もボコボコだったから削ったから痛み残るかもなあ
でも手術は成功だから”
と言い残して去っていった。まあ覚悟してたんで気にならなかった。
そのままベッドで部屋に戻り、new lifeスタート。うーん、、痛い。
早速座薬入れて貰う。まあ、軽く効く感じ。男は痛みに弱いからねえ。
帝王切開を想像すればこんなの本当にたいした事ないんだろうな、とか思ったらなんだか我慢出来た。
術後の膝の上にはアルミのガードが付けられていた。

患部から血を抜くドレーンが痛々しい。

そもそもこの管が刺さってるところも痛いんでは?なんて思ったり。
痛みのポイントはおおまかに2点ある様に感じる。
膝の左側(メインの患部かと)太もも裏側 (ここから靱帯切った部分かな?)
幸い夕食を食べた後に点滴の交換があり、そのタイミングでまた鎮痛剤を足してもらった。
これはかなり効いてるので、今のうちに、と、書いている。
このまま寝れれば良いが、痛くて無理なら座薬を入れるだろうな。
筋肉注射もいつでもどぉぞと言われているがこんな痛みもなかなか無いだろう
と、顔を引きつらせながら我慢している。
やっぱりドMなのかな?
足を銃で撃たれたらこんな感じなのかなあ?
とか考えたり、経験しておきたくて我慢してるんだけど。
アイシングを交換する際に膝を見る事が出来たが、まだ包帯グルグル巻き。
早くみたいなー。
食事のテーブルも無理矢理置くけど窮屈で食べにくい。。

今日は我慢の日だな、と割り切って耐える。
数分、数時間経つにつれ少しづつ回復しているはず、
と思うと、明日が楽しみだ。
酸素カプセルとか入るなら今でしょー。

これまでの記事はこちら

この記事を著者のブログで読む