名前:河村卓馬 TAKUMA KAWAMURA
生年月日:1976年7月8日
年齢:36歳
職業or所属:会社員
やっているスポーツ:Yoga(5年)、BMX(18年)
お気に入り:samavsm、agoy、fourthirty、Quamen bikes、ipath shoes、Dig-It、HOMMAGE
やってみたいスポーツ:スケートボード

神技と評されるテクニックと温かい人柄で、さまざまなBMXブランドからサポートされるライダー、河村卓馬さんがonyourmarkに登場です。BMXとの出会い、そして最近チャマ先生の元でインストラクターの資格をとったヨガの魅力について伺いました。「子どもの頃、映画『E.T.』の影響で自転車遊びをしていたのですが、本格的に始めたのは函館の大学に入学してからですね。とにかく暇さえあれば、一人でもひたすらBMXに没頭していました。ハマった一番のきっかけは、大学の夏休み、車に自転車を積んで、日本一周の一人旅をしたことです。北海道〜東京〜名古屋〜大阪〜岡山〜福岡~大分、そして帰りは金沢~新潟を通って日本海周りで帰ったのですが、行く先々でBMXをやっている人たちと知り合い、「うちに泊まりなよ」って声をかけてもらったり。そんな仲間たちと、その後各地の大会で再会するのですが、こうした人と人との繋がりが楽しくて乗っているうちに、気がついたら自分のスキルも上がっていった感じです」。2005年にはBMXフリースタイルのフラットランドという種目の全日本選手権(King Of Ground)で年間チャンピオンを獲得した河村さん。今は競技の一線を退き、次世代にBMXの魅力を伝える活動をしています。「競技選手としての節目を感じた5年程前、BMXとはちがうスポーツを始めたいなと考えていた時に、いろいろな縁があってヨガを始めました。最初は、ヨガのバランス感覚がBMXにも生かせるかなとか思っていたのですが、ヨガの呼吸を意識することで、精神的な安定やリラックスが得られることを体感し、今ではピュアに楽しんでいます。また、ヨガはセルフメンテにもなるので、ケガをしにくい身体作りができるようになりました。マット一枚のスペースがあればできるヨガは、一生長く付き合えるツールだと思います。今は仕事をしつつ、イベントなどでBMXのデモンストレーションをしたり、BMXのスクールで教えたりしていますが、これからはウォーミングアップにヨガを取り入れて、両方をひろめるきっかけを作れたらいいなと思っています」

(撮影 村松賢一)