名前:小林裕和 HIROKAZU KOBAYASHI
生年月日:1986年5月26日
年齢:26歳
職業or所属:2013年セパタクロー日本代表候補/SC TOKYO
Facebook:小林裕和
HP or BLOG:ameblo.jp/to3-sepa/  kelu.jp
やっているスポーツ:セパタクロー(8年)、サッカー(11年)
お気に入り:SVOLME、penetrar、NIKE、FCRB
やってみたいスポーツ:ボルダリング、スカッシュ

セパタクローデモンストレーターの矢野順也さんとは、日本体育大学の11年後輩にあたり、現役のセパタクロー日本代表候補の小林裕和さん。高校まではサッカー部に所属、大学生の時に出会ったセパタクローに、どっぷりハマってしまったといいます。「入学して、たまたまセパのサークルを見に行ったのが始めたきっかけです。その後、タイに練習しに行った時、世界レベルのプレイを見て、いつか自分も世界を舞台に戦いたい、ここにこられるまでがんばりたいと思いました」。4年生になって、周りが就職活動を始めるなか、なんの保証もなかったにも関わらず練習に明け暮れ、その甲斐あってその年の日本代表に選ばれた小林さん。今の日本代表は、強豪国のタイ、韓国についで銅メダル(2010年のアジア大会)の実力を持っていますが、次の2014年大会では、それ以上のメダルを狙いたいそう。「一番強いタイの選手たちは、雲の上の存在と思っていましたが、2011年の世界大会では、1セット取ることができ、タイチームの目の色をかえることができました。日本は、個で勝つスタイルではなく、チームプレイで勝つのが特長です。前回の大会ではトサーだったポジションをサーバーに変えたのですが、日本のチームは今、サーブ力が足りないと思ってのポジションチェンジでした。自分のスキルをあげるだけでなく、チームプレイで勝つという日本のいいところを発揮できるよう頑張りたいです。みなさんもぜひ応援してください!」
(撮影 村松賢一)