名前:増井志保 SHIHO MASUI
生年月日:1981年6月23日
年齢:31歳
職業or所属:TOKYO YOGA
Facebook:masuishiho 
HP or BLOG:http://ameblo.jp/harikyuu-masui
やっているスポーツ:ヨガ(6年くらい)
お気に入り:サマビズム
やってみたいスポーツ:ボルダリング、サーフィン

鍼灸師、柔道整復師として働きながら、ヨガインストラクターとしても活躍している増井志保さん。ヨガに出会ったきっかけは、スポーツジムで自分の身体のメンテナンスをするためだったといいます。「スポーツジムのスタジオレッスンでヨガを始めました。ヨガは筋力や柔軟性も必要ですが、それ以上にメンタルへの影響も大きくて、マットの上ではごまかしがきかないんですよね。やりたい気持ちがあっても睡眠不足だったり、疲れていたりすると集中力が切れて、うまく身体を動かせなくなります。でもきちんと練習ができているときは、自分の中に余裕ができて、考えや行動がシンプルになるんです。ヨガのクラスや施術中、落ち着いて客観的に物事を見ることができるようになると思います」。そんな増井さんがヨガインストラクターになったのは、TOKYOYOGAチャマ先生のティーチャートレーニングを受けたのがきっかけです。「治療院はケアして欲しい人がくる場所ですが、自分で自分自身をケアできるようになりたいなら、ヨガはとても有効だと思います。アシュタンガはアクティブなので、スッキリとリフレッシュしたい時に。陰ヨガはゆったりとリラックスしたい時に。その日の体調に合わせて、身体のメンテナンスすることをお勧めしています。いつか鍼灸とヨガを組み合わせて、一箇所でその2つのアプローチができるようなスタジオを開くのが夢ですね」

(撮影 村松賢一)