より効果的なトレーニングを実現するため、計測機能を備えたスポーツウォッチは、ランナーにとって大切なギアの1つです。
そんなスポーツウォッチの代表格スントから、GPS機能を搭載した究極モデル「SUUNTO Ambit」がいよいよ日本でも発売されることになりました。

この機種の大きな特長は、自動車のカーナビゲーションにも採用されている最新のGPSチップ「SiRF starIV」を搭載したこと。位置データを取得することで、移動の軌跡や距離、速度、高度などを計測・表示。記録したデータは、スントが運営する無料のスポーツコミュニティサイト、「Movescount.com」へアップロードが可能な他、googleマップ上にも移動した軌跡を表示させることが可能です。

また、心拍計測ベルトを装着し、GPSデータ取得機能にトレーニングデータの計測も行うことで、走ったコースの軌跡距離、速度や高度変化、さらには心拍数や消費カロリー、そしてトレーニング中に身体に最も負荷がかかった状態を分かりやすい数値で示す「ピーク・トレーニング効果(PTE)」を表示。さらにリカバリータイムも提案します。

もちろん、スントがもともと得意としていたアウトドア計測機能(気圧/温度計、電子コンパス)も装備しているので、登山やトレッキングシーンでも、GPSデータ取得機能を活用した登山ルートの記録や、距離、速度、高度の偏差の計測・表示が可能になっています。

さらに、100kmを走るウルトラマラソンなどの長距離レースにも対応できるように、リチウム イオン バッテリーを内蔵。付属のUSBケーブルで充電することができ、最大50時間の連続使用ができるようになりました。(GPSデータを取得する時間を1分ごとに設定した場合)

GPS、心拍計測、高度計、気圧/温度計、そして電子コンパスと、高精度計測技術の集大成ともいえるスントのトップモデル「SUUNTO Ambit」。
待ち遠しい日本発売日は、いよいよ4月27日です。

<製品名、価格>
スント アンビット・ブラック
価格:49,350円(時計本体のみ)
スント アンビット・シルバー
価格:49,350円(時計本体のみ)
スント アンビット・ブラック(HR)
価格:54,600円(心拍計測ベルト付)
スント アンビット・シルバー(HR)
価格:54,600円(心拍計測ベルト付)

発売日:2012年4月27日(金)

駆動方法:リチウムイオンバッテリー内蔵による充電式

駆動時間:GPS計測頻度により異なる
GPSデータ取得頻度1秒毎: 連続使用可能時間 最大15時間
GPSデータ取得頻度60秒毎: 同 最大50時間
GPSデータ取得なし: 同 最大30日間

サイズ:50×50×18.2mm
重量:78g
防水:100m(10気圧)

問い合わせ先:スント カスタマーサービス 
tel:03-6831-2715

(文 小矢島一江)