名前:武井幸久 YUKIHISA TAKEI
生年月日:1972年9月30日
年齢:40歳
職業or所属:編集者/広告ディレクター
Facebook:武井幸久
HP or BLOG:www.highvision.jp
やっているスポーツ:テニス(25年)
お気に入り:ラケット/WilsonのPro Staff  85MID、Tシャツ/NIKEのロジャー・フェデラー モデル、パンツ/ARC'TERYXのランニング/トレッキング用、シューズ/DIADORAのSpeed Zone LT Ⅲ
やってみたいスポーツ:ランニング

雑誌の編集を中心に、広告クリエイティブやコミュニケーションを手がける武井幸久さんはテニス歴25年。もっとも本気になったのは、学生時代の頃よりむしろ社会人になってからと言います。「だらだらテニスを続けていた頃に、世界ナンバーワンのプロテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラーのプレイを観てテニス熱が再燃しました。テニスは観るのも自分でやるのも両方好きで、4大大会はほとんど観て、毎週1~2回、毎回3時間のシングルス練習を10数年続けています。テニスってどういうわけか『セレブな、お気軽スポーツ』って思われてますけど、実際のプロの試合は1対1で、時には5時間くらい肉体と心の削り合いをする激しいスポーツ。自分はいつまでも上手くならないけど、そんなに真剣に勝ち負けを意識することなんて日常にないので、それが楽しいですね。最近『実は真剣にテニスやってます』と言い始めたら、まったくテニスをしなそうな人も『実はオレもやってた』『興味ある』と言ってくれる人が増えて、いまはちょっと面白いテニスネットワークができつつあります。仕事のことやいろんなことで頭がいっぱいになりがちだけど、スポーツを真剣にやると完全にリセットできる。嬉しくて自然にガッツポーズしたり、悔しくて吠えたりなんて、大人になるとスポーツでしかできないですよね」

(撮影 村松賢一)