従来のシリアスランナー層だけでなく、エントリーユーザー向けのアイテムも手掛けて話題となっているミズノが、ランニングフォームをリーズナブルに診断してくれるシステム「F.O.R.M.」(フォーム)を、東京関西2カ所の直営店でスタートさせました。
ランナーにとって、シューズ選びと同様に気になるのが、自分のランニングフォームではないでしょうか。
これまでにもランニングフォームを計測してくれるサービスはありましたが、どちからというとシリアスランナー向けの高価格なものが多く、初心者ランナーが気軽にチャレンジする感じではなかったように思います。その点に着目したミズノは、1回¥2,100というリーズナブルな価格でサービスを開始。人気は上々で早くも予約が取りづらい状況となっているそうです。

もともとミズノが商品開発に活用していた測定機器を改良したものだけに、診断は本格的。
トレッドミル(ランニングマシン)で走りながら、肩や腰、膝など計6カ所の動きを計測し、最新のスポーツ科学分野で使われるモーションキャプチャシステムによって、身体の動きを3次元で捉え、自動でフォームを診断します。
出力された診断シートには、5つの評価項目と総合得点、改善すべきアドバイス等が記入され、診断結果を数値化することで、より自身のフォーム の修正個所を具体的に知ることが可能になります。

所要時間は30分で、このベーシックコース(¥2,100)のほかに、ランニングフォームの改善アドバイスをマンツーマンで受けられ、アドバイス後にフォームを再計測して確認できるプレミアムコース(所要時間60分/¥5,250)もあります。
現在はミズノ大阪店(淀屋橋)とエスポートミズノ(お茶の水)の2店舗で実施中。詳細/予約はこちらのホームページまで。

(文 onyourmark編集部)