木や柱の間に伸縮性のあるベルト状のものを張り、その上を綱渡りのように乗って楽しむ新感覚のスポーツ、スラックライン。最近では、野外フェスやキャンプ場に体験スペースが設けられたりと、接する機会も徐々に増えてきたのではないでしょうか。
上級者になると、ただベルトの上を歩くだけでなく、ジャンプしたり、難しい姿勢でバランスを取ったりと、さまざまなトリックを決められるようになりますが、今週末の9月29日(土)30日(日)、スラックラインの日本チャンピオンを決める大会、日本オープンが開催されます。

この大会には、一般エントリーの他、過去の大会の優勝者、スラックラインの老舗メーカーGibbon社が主催するGibbon Slackline Cupの優勝者、日本スラックライン連盟(JSFED)のランキング男女8位までの選手がシードとして登場。一人2分の持ち時間の間に、トリックやコンビネーションの難易度や技術を競い合います。
アクロバティックなトリックを間近で楽しむことができるだけでなく、無料の体験会も同時開催。
二子玉川ライズ ガレリアのオープンスペースで行われるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

第3回 日本オープンスラックライン選手権大会

日時:9月29日(土) 12:00~17:00 予選ジャムセッション
   9月30日(日) 12:00~17:00  決勝
場所:二子玉川ライズ ガレリア