胃で消化された食べ物は、小腸の入り口にあたる十二指腸へ少しずつ送られてくる。十二指腸はC型を描いてカーブしているが、そのカーブに沿ってオタマジャクシの頭を突っ込んでいるのが膵臓。膵臓が分泌する膵液は、糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素すべてを消化可能。糖質分解酵素アミラーゼ、脂質分解酵素リパーゼ、タンパク質分解酵素トリプシノーゲンなどを含んでいるのだ。
このうちトリプシノーゲンは、十二指腸の粘膜細胞から分泌されるエンテロキナーゼという酵素の働きにより、トリプシンに変わる。膵臓もタンパク質からなるため、トリプシノーゲンが活発にタンパク質を分解してしまうと膵臓自身にダメージが及ぶ。そこで十二指腸の酵素でトリプシノーゲンが活性化されてトリプシンに変わってはじめて、タンパク質を消化する仕組みになっている。
もうひとつの膵液の大事な働きは、胃から送られてきた消化物の中和。胃から十二指腸に入った消化物は胃酸を含むため、高い酸性を示している。膵液に含まれる重炭酸ナトリウムの中和作用により、消化はスムーズに進むのだ。

【関連記事】
消化を巧みに操り、血糖値をコントロールする
小さな“島”が血糖値を自在に操る
インスリンは肥満ホルモンである

【OYM家庭の医学 アーカイヴ】
♯01【肺】呼吸を司る静かなる大物
♯02【心臓】握り拳サイズの小さな巨人
♯03【血管】人体でもっとも重要なインフラを学ぶ
♯04【胃】強さと弱さを兼ね備えた悩める臓器
♯05【小腸】免疫細胞も神経細胞も集まる消化吸収の要
♯06【大腸】終わり良ければすべて良し。消化管のしんがりをいたわれ
♯07【肝臓】沈黙の臓器の黙っていられない話

(文 井上健二/イラスト 清水将司)