長さはおよそ1.6mと女性の身長ほど。小腸の外側を取り囲むように腹部に収まるのが大腸。太さは小腸の2倍ほどもあり、盲腸、結腸、直腸という3つのパーツからなる。
大腸の大部分を占めるのは結腸。結腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸にわけられる。
食道、胃、小腸、大腸をまとめて「消化管」と呼ぶが、消化吸収は小腸までで終了しており、大腸自体に消化機能はほとんどない。厳密に定義するなら、消化器ではないのだ。

消化も吸収もしない大腸の役割は消化物から水分を吸収し、固形化して固い便を作ること。「便を作るだけなんて、大した仕事をしていない」と侮るなかれ。固い便は地上で生き抜くための大事な知恵。
金魚を見ればわかるように、魚類はフンを好きなときに出している。同様に自由に空を飛び回る鳥類も液状のフンを垂れ流しているが、陸上でフンを垂れ流していたら、匂いから居場所を知られて敵に襲われるリスクが高まり、獲物にも逃げられる。そこで大腸という袋に貯めて水分を抜き、脳が決めた時間帯にまとめて出すというシステムが発達したのである。

【関連記事】
日本人の大腸が長いというのは本当?
宿便が存在できない理由がある
太りやすいのは腸内細菌のせいかも?

【OYM家庭の医学 アーカイヴ】
♯01【肺】呼吸を司る静かなる大物
♯02【心臓】握り拳サイズの小さな巨人
♯03【血管】人体でもっとも重要なインフラを学ぶ
♯04【胃】強さと弱さを兼ね備えた悩める臓器
♯05【小腸】免疫細胞も神経細胞も集まる消化吸収の要

(文 井上健二/イラスト 清水将司)