今週末は海の日が絡んだ三連休、いよいよ夏休みも本番です。
みなさんは、何日くらい夏休みを取る予定ですが?過ごし方は決まっていますか?そこで気になる「2012年の夏休みの過ごし方」を調査したアンケートをご紹介します。
(「旅行のクチコミサイト フォートラベル調べ」調査期間:2012年6月11日〜17日、有効回答数:600件)


アンケートによると、今年の夏の連続休暇日数の平均は「7.2日」で、昨年同時期の調査結果(7.4日)と比較すると0.2日減少しています。
連続休暇日数は、「9日」と回答した人 が最も多くて23.3%、「5日」(20.1%)、「7日」(11.0%)が続きます。
昨年の調査結果と比較すると、「9日」と回答した人は昨年 (17.3%)より6%増えていますが、休暇日数の平均はわずかながらも減っています。
昨年は節電対策の一環として夏季の長期休暇を導入する企業が多く、15日以上の長期休暇を取得する人が6.0%もいたそうですが、今年は例年並みの1.7%に戻ったことが理由のようです。
ちなみに休暇開始日は「8 月」が61.4%、続いて「7月」が21.1%、「9月」11.4%の順に多く、やはりお盆のある8月に休みをとる人が多い結果になりました。

夏休みの過ごし方については、「予定が決まっている」と回答した人は74.8%、「予定が決まっていない」と回答した人は25.2%という結果に。
予定が決まっている人のうち最も多い過ごし方は「海外旅行」(44.3%)、続いて「国内旅行」(22.9%)、「自宅中心で過ごす」(12.7%)となりました。

海外旅行の旅行期間は、平均「7.6日」で旅行先は「アジア」が最も多くて44.6%、続いて「ヨーロッパ」(24.9%)、「北米」(15.5%)という順に。気軽に遊べるアジア圏内の「韓国」や「タイ」が人気のほか、やはり「ハワイ」を行き先にあげる人が多かったようです。
一方、国内旅行の旅行期間は、平均「4.4日」。旅行先は「沖縄県」がトップ、続いて「北海道」「長野県」が人気だそうです。

気象庁の3ヶ月予報によると、今年も晴れる日が多くて、関東から西の気温は平年並か高く、暑い夏になりそうです。
一年で一番楽しみにしている人も多いこの季節、思う存分夏を満喫したいですね。

(文 onyourmark編集部)