今年のゴールデンウィークも、トレッキングや登山を楽しんだ方が多いと思います。新緑の中を歩くのは本当に気持ちがいいものですが、山の中で、ここはどこだろう?この道で合っているのかな?と不安になったことはないでしょうか。

そんな時に、iPhoneのGPS機能と地図が使えたら……。でも山の中は圏外だし……。
まさにそんな思いを経験したある個人のiPhoneユーザーにより開発された、画期的なiPhoneアプリをご紹介します。

この「登山用GPS-DIY GPS」、DIY GPSという名前の通り、自分で地図を入れて使う山用GPSアプリです。
開発者のホームページによると、「実は携帯圏外の山奥でもiPhoneのGPSは動きます。でもオンライン地図アプリは圏外で地図を表示出来ません。もし電波が入り地図を表示出来てもGoogleマップは登山に向いていません。登山道は載っていないし地形も大雑把です」

ということで、「山奥は大体携帯圏外なのでオンライン地図アプリは使えない」「もし携帯の電波があっても、普通の地図アプリには登山用の情報がない」という問題点を解決するために開発されたのがこのアプリなのだそう。

「GPS衛星の信号は携帯圏外でも受信出来るから現在地は判る」ので、ユーザーがしなければいけないことは、事前に自分が登る山の地図を取り込む作業だけ。(ここがDIY=Do It Yourselfのゆえん)
これだけで、今自分が登山地図のどこにいるのかはもちろん、分岐までの距離、現在地の標高、歩いたルートなどをすべてこのアプリが教えてくれるのです。
アプリのデモンストレーションはこちらのムービーから確認できます。


地図の登録方法なども、ホームページで丁寧に解説されていて、至れり尽くせり。
登山用のGPSギアは何万円もするものですが、この便利さが450円で手に入るなんて、本当に画期的ではないでしょうか。
もちろんこのアプリは、ログやエマージェンシーの際に便利ですが、GPSの届かないところや電源切れになる場合も考えられます。山に登るなら、地図読みの技術を高めるのは必要なことですし、山の楽しみのひとつでもあります。しっかりその技術を磨きつつ、こういった便利アプリも利用して、登山を楽しんでみてください。

iPhoneアプリ 登山用GPS-DIY GPS
開発: Keiji Matsumoto
価格:450円
http://diygps.net/#hajime

(文 onyourmark編集部)