パールシュヴァは「脇腹、側面」、ウッタナは「強く伸ばす」ことを意味します。その名の通り、パールシュヴォッタナーサナは脇腹〜側面を心地よく伸ばすポーズです。

と同時にハムストリングを強くストレッチし脚を強化、さらに腹部を活性化させ消化機能を改善させます。一日中コンピューターの前に座っている、そんなときにはこのポーズで姿勢を矯正するとともに、脳を休めてリフレッシュしましょう。

・ビギナーは膝を曲げたまま行ってもかまいません。
・前足と後ろ足のかかとは一直線状に揃える。
・腰はマットの前端に対して平行になるように、前の腰を後ろに引き、後ろの腰を前に押し出すような感覚で。
・前足の拇指球で床をしっかりプッシュ、後ろ足のかかとも床を強く押し出す。
・上体は脚の付け根から前足方向へ折り曲げる。このとき背骨の長さは保ったまま、背中が丸くならないよう注意。
・脚を入れ替え、反対側も同様に行う。

ここでもポーズのポイントとなるのは、やはり「コントラスト」です。上体を前足方向に折り曲げた際、床と平行になったところで前方に伸びる頭と後方に引く腰の拮抗する力を感じましょう。
Kazuya先生曰く「へそを後ろにプッシュして頭とコントラストを描くイメージ。太もも〜へそ〜頭で弧を描くような気持ちで行ってください」。

柔軟性が高い人は、背中で合掌しそのまま前屈を行ってもいいでしょう。肩の可動域を広げ胸をぐっと開く効果があります。その際も背中が長く伸びた状態をキープできるように。

kazuya/柳本和也
Udaya yoga studio 主宰、suria アンバサダー。ライフワークであるサーフィンを通じて、バリ島にてヨガと出合う。帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン・ハラクマ氏に師事。2010年、インド・ゴアにてRolf & marciに師事。都内および神奈川県を中心にレッスンを行い、各種イベントやワークショップにも積極的に参加している。
UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL
udaya yoga studio

【ヨガをはじめよう アーカイヴ】
#01 太陽礼拝 A / B
#02 体幹補強
#03 内臓活性

【正しいヨガポーズ アーカイヴ】
#01 椅子のポーズ(ウトゥカタアーサナ)
#02 四肢で支える杖のポーズ(チャトランガ・ダンダアーサナ)
#03 上向きの犬のポーズ(ウルドゥヴァ・ムカ・シュヴァナーサナ)
#04 下向きの犬のポーズ(アド・ムカ・シュヴァナーサナ)
#05 伸ばした三角のポーズ(ウッティタ・トリコナーサナ)
#06 ねじった三角のポーズ(パリヴルッタ・トリコナーサナ)
#07 側面を伸ばすポーズ
#08 フロント・ランジ
#09 三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)
#10 ねじって体側を伸ばすポーズ前編(パリヴルッタ・パールシュヴァコナーサナ前編)
#11 ねじって体側を伸ばすポーズ後編(パリヴルッタ・パールシュヴァコナーサナ後編)

(撮影 渡邊英守/文 倉石綾子)