ウッティタは「強く伸ばす」、パールシュヴァは「側面」、コナは「角度」の意。文字通り、側面をストレッチするポーズです。腕、背骨、脚が一直線に引きのばされる感覚を心地よく味わいましょう。

・伸ばした三角のポーズと同じ、脚を開いてTの字を作る。それぞれの足の向きとかかとの位置にも注意。
・息を吐きながら前足の膝を直角に曲げ、右手は前足の外側の床、あるいは前足の膝の上に置く。
・反対側の手は頭の横に伸ばし、体側をストレッチ。
・視線は頭の横に伸ばした手の指先に。
・背骨はあくまでもまっすぐに。骨盤はひねらず、上体にかぶらないよう意識する。
 また、膝を曲げた時に膝頭が足首より前に出ないように注意。
・脚を入れ替え、反対側も同様に行う。

EASYポーズ:
ビギナーは右手を前足の膝の上に。

上体が前にかぶらないよう、床についている手で前足をしっかりとサポートし、それを支点に体の前面を開いていきましょう。「体側をストレッチさせるには、右の脇と左の脇が同じ長さになるよう、意識するといいですね。特に前足側の脇が縮まないよう注意」とkazuya先生からアドバイス。

完成のポイントは、後ろ足から頭の横に伸ばした腕までが一直線上にあること。後ろ足は力強く大地を踏みしめ、頭の横に伸ばした手は腕を反対方向を強くプッシュ。この拮抗する力で体側をストレッチします。

骨盤、胴体を気持ちよく伸ばすことでゆがみを解消し、足腰の強化にも役立ちます。

NGポーズ:
斜め上に伸ばした腕の掌は、天ではなく床に向ける。
前足の膝は直角をキープ。手が床につきづらい場合は、無理をせず膝に添える。
下になった脇が縮まないよう意識する。

kazuya/柳本和也
Udaya yoga studio 主宰、suria アンバサダー。ライフワークであるサーフィンを通じて、バリ島にてヨガと出合う。帰国後、アシュタンガヨガの権威であるケン・ハラクマ氏に師事。2010年、インド・ゴアにてRolf & marciに師事。都内および神奈川県を中心にレッスンを行い、各種イベントやワークショップにも積極的に参加している。
UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL
udaya yoga studio
Kazuyayoga

【ヨガをはじめよう アーカイヴ】
#01 太陽礼拝 A / B
#02 体幹補強
#03 内臓活性

【正しいヨガポーズ アーカイヴ】
#01 椅子のポーズ(ウトゥカタアーサナ)
#02 四肢で支える杖のポーズ(チャトランガ・ダンダアーサナ)
#03 上向きの犬のポーズ(ウルドゥヴァ・ムカ・シュヴァナーサナ)
#04 下向きの犬のポーズ(アド・ムカ・シュヴァナーサナ)
#05 伸ばした三角のポーズ(ウッティタ・トリコナーサナ)
#06 ねじった三角のポーズ(パリヴルッタ・トリコナーサナ)

(撮影 渡邊英守/文 倉石綾子)