今朝の東京は一面の雪野原。
雪の少ない地域に住んでいると、多少の不便はあれど、やはりどこかにわくわくする気分が湧いてきてしまいますよね。
 
そして雪と言えば雪だるまと雪合戦ですが、”スポーツ雪合戦”という競技があることをご存知でしたか?
”スポーツ雪合戦”とは、相手チーム全員に雪玉を当てるか、相手コートにあるフラッグを取るかで勝敗を決めるスポーツ競技。1988年に公式ルールが制定されたそうです。
以下がその概要
 
●試合形式 1セット3分間
●コートサイズ 40m(or36m)×10m
●1チーム7〜10名(監督1名、選手7名、補欠2名)
●使用雪玉 1チーム1セット 90個
●勝利条件
1.相手コートにある旗を抜く
2.相手チーム全員に雪玉を当てる
3.タイムアウトの際人数が多く残っている
4.1度に4人以上相手コートに入ったら負け
 
各地のスキー場などを中心に大会も多く開かれ、なかなかに熱い戦いが繰り広げられているとか。雪の無い場合でもスポンジボールを使って行うことができるため、通年スポーツとしても全国に広まっています。
フォワードやバックス、監督もいる本格的なこの競技、意外とハードで普段から身体を動かしているonyourmarkユーザーの皆さんにとっても取り組みがいのあるスポーツなはず。
お昼休みには童心に帰って”スポーツ雪合戦”はいかがですか?
 
 
(文 onyourmark編集部)