名前:図解 YOGAアナトミー 筋骨格編 -医師が教えるヨガの機能解剖学
著者:レイ・ロング医学博士
監訳者:中村尚人
発行:アンダーザライトヨガスクール
発売日:2011年6月20日
ページ数:239ページ
価格:3,500円(税抜)
関連のスポーツ:ヨガ

20年以上のヨガ経験を持つ医師の解説によるヨガの機能解剖学を記したイラストレーションブック。「筋骨格編」と題して、さまざまなヨガのボーズにおける「骨」や「筋肉」がどのような働きで、どんな状態になっているのか、をフルカラーのイラストで視覚化し、ときに呼吸やチャクラの在り方も盛り込んで丁寧に解説されています。

ヨガのポーズのことをサンスクリット語で「アーサナ」と言います。サンスクリット語の研究者たちはこの言葉を、心地よい、努力を必要としない姿勢、という意味のさまざまな言葉に訳しています。(P12)

あらゆるヨガのポーズを、“努力を必要としない姿勢”として体得するには、負荷を支える骨の在り方、筋肉の働きといった解剖学な理解なくしてはなかなか到達できないと言えます。

onyourmarkでのヨガ連載「ヨガをはじめよう」と「正しいヨガポーズ」への理解をより深めてくれる一冊となることは間違いありません。もちろん、ケガの予防にもなりますよ。

この本は、国際的なヨガ指導資格発行団体であるアメリカのYoga Allianceの正式認定校「アンダーザライト ヨガスクール」のヨガ指導者養成コースでも実際に使用されているテキストなんです。

お正月休みを利用して、ご自分のヨガポーズを解剖学的に振り返ってみるのはどうでしょうか。

(撮影 鈴木泰之 / 文 onyourmark編集部)