過酷な戦場で生き残る術を身につける
「ロシア武術システマ」の世界!

このコーナーの第一回「カリ」でお世話になった総合カルチャー施設「銀座おとな塾」。
実はそのときの取材で、とても気になる講座を見つけました。
それが「ロシア武術システマ」です。
「プレッシャーやストレスのもとで、いかにしてリラックスし、柔軟な動きと判断を可能とする心身を保つか。そんなコンセプトで、戦場で戦う兵士達のためにロシア軍が生み出したのが“システマ”です」(講座案内より)。
というわけで、今回はロシア軍発祥の「システマ」を体験してきました!

キープブリージング、キープリラックス!

「システマでは呼吸が大事」と講師の北川貴英さん。この日はちょうど、年に一度の講習でモスクワにいってきたばかりというタイミングでした。
「システマは、困難な状況からいかにサバイブするかという方法を提案します。そのためにはまず呼吸が大事。サバイブする可能性が一番高いのは、ちゃんと呼吸をしてリラックスしている状態なんです。システマでは、脚の幅をこうしましょうとか細かいことは言わず、自分で気持ちのいい感じにやってもらいます。決まった型があるわけではないので、自分なりの快適な動き、自分なりのシステマを作ってください。そのためのヒントはたくさんありますので」。
まぁ確かに、敵の兵士に出くわしたとき、脚の角度はどれくらいだっけなんてやっていたら、あっという間にやられちゃいますもんね。

呼吸でリカバーする「バースト・ブリージング」

この日は、まずスタジオ内をひたすら走りました。決して広くないスペースをぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる……、端から見るとなかなかシュールですが、ここで大事な呼吸法を学びます。
システマでは困難な状況に動じないということが大切ですが、たとえ乱れてもすぐにリカバーするということも大事。そのリカバーの手段として使うのが「バースト・ブリージング」という呼吸法です。
小刻みにフッフッフッフって鼻から吸って口から吐き出し、呼吸だけを使って、走ることで生まれた筋肉の緊張や呼吸の乱れを整えていく=リカバーしていくのです。
ジョギングやヨガでも、呼吸は大事とことあるごとに言われますが、システマにおける呼吸はまたちょっと意味合いが違う感じ。もっとずっと実践的というか、回復の手段として、精度を上げて呼吸する感じが面白かったです。
その後も、プッシュアップやスクワットをたっぷり時間をかけてやりながら、バースト・ブリージングを練習します。
「この後リラクゼーションをやりますので、いまのうちに体力を使い切った方がいいですよ」と北川先生。
ヨガマットの上に寝転んで、腹筋を使いながら足を頭の向こうに降ろしては上げという動作の後、いつの間にかリラクゼーションの時間が始まりました。

ロシア軍も寝落ちする、リラクゼーションタイム

「仰向けのまま、全身の筋肉にくまなく力を入れて呼吸を止めて、はい、吐いてリラックス」。筋力トレーニングで疲れた身体を横たわらせ、先生の言葉に誘導されて、緊張と弛緩をひたすら繰り返します。だんだん頭がぼんやりしてきて、完全に寝落ちしてしまう人がちらほら。かくいう私もzzz……。
ふと意識が戻っても「頭のてっぺんに脈が打っているのを感じてください。次は肩で脈を感じてください。次は脇の下で……、次はひざ裏、次は横隔膜……」と言われているうちに、催眠術にかかったようにまた深い眠りの中へ。
この言葉の誘導によるリラクゼーションの時間はなんと50分。2時間のレッスンのうち半分近くを、リラクゼーションのために使ったわけです。でもこの後の目覚めが不思議と気持ちよく、心には平静が訪れ、まさに全身超リラックス!!モスクワの講習でも、大の軍人さんが「やべっ、寝落ちしちゃったよ(ロシア語)」なんていっているそうです。
「それでは今の状態を保ったままでゆっくりと起き上がってください」と先生の声。
このリラックス状態をつくった上で最後に行われたのが、二人一組によるなんとも不思議な“殴り合い”でした。

マッサージをするように、相手を打つべし

「向かい合って、マッサージをするように、相手の堅いところを相手がリラックスするように押して上げましょう。呼吸してリラックスして、押される側も力を抜いて。キャッチボールをするようにもらった力を相手に返す感じです」。
先生を見ていると、力を抜いてリラックスし、とらえどころのない感じなのですが、「どこからでもパンチしてください」という言葉で男性の一人がパンチをしたところ、その男性はあっという間に腕を取られて横倒しにされてしまいました。まさに秒殺。
実はわたしも、遠慮せずに殴りかかってみたのですが、あっという間に首を取られて、お尻から倒されてしまいました。じたばたすればするほど、手足がもがれていくあの感じ。闘争心だけでは勝てないことがわかり、本当に恐怖を感じた瞬間でした。
このように、徹底的に脱力=リラックスしてしなやかに動くことが、世界最高の実践的格闘術と言われるシステマの大きな特徴でもあります。
きっ北川先生恐るべし。
とはいえ、スクワットをしている時には「背骨がねじれてるってことは自分で自分を慢性的にコブラツイストしていることだからね、笑」なんて、ちょいちょい笑いも誘って、雰囲気的にはとても和やか。
この教室に1年通っているという女性の方は、日々の生活の中で動じることがなくなったそうです。
いかがでしょう。システマを学ぶということは、日常という平坦な戦場で生き延びなければいけないわたしたちにとって、とても有益なのではないでしょうか。
できることなら、次回は先生の不意をついて、背後から襲いかかってみたいで……いえ、身の程知らずはもう止めておきます、北川先生、ありがとうございました。

今回のメニュー
ロシア武術システマ 第1・3週 月曜19:30〜21:00

銀座おとな塾 SANKEI GAKUEN
「銀座おとな塾」は、エクササイズのほかにも、文芸・美術・音楽・和文化などの講座が揃う総合カルチャー施設です。
東京都中央区銀座2-5-4 ファサード銀座5F
TEL:03-5250-0719(銀座おとな塾)
受講料、持ち物などの詳細はホームページ

書籍「システマ入門」BABジャパンより発売中
「最強の呼吸法〜パニック、ストレスを消すシステマブリージング〜」マガジンハウスより11月17日発売予定
http://systemablog.blog54.fc2.com/

(イラスト 鈴木仁/文 小矢島一江)

【onyourmark あのトレーニングをやってみた アーカイブ】
♯01 フィリピン伝統武術カリ
♯02 マスターストレッチ
♯03 アフリカンダンス
♯04 スピニング
♯05 ハースイズム
♯06 スパインエクササイズ
♯07 刀エクササイズ
♯08 K-POPビクス
♯09 アイヨガ
♯10 スポーツ吹矢